アスファルトとコンクリートの違いについての質問です。 道路の舗装では、アスファルトがほとんどですが、たまにコンクリート舗装の所を見かけます。

車、高速道路23,210閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

8

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、大変わかりやすいご説明をいただきまして誠にありがとうございました。 全ての質問にお答えくださったhikoshonenさんをBAとさせていただきます。 ありがとうございました。

お礼日時:2010/9/7 17:51

その他の回答(3件)

2

アスファルト メリット 安価、補修しやすい、短期間で施工可能 デメリット 耐久性が劣る コンクリート メリット 耐久性・耐摩耗性に優れる、 デメリット 高価、施工時間が長い、部分補修が難しい、走行性(目地による段差)がアスファルトに劣る 両方のいいところどりした コンポジット舗装というのもあります。

2人がナイス!しています

1

アスファルトのメリット、 コンクリートに比べ安価である。 維持管理がしやすい。 舗装するときの施工性がよい。 夜間などの視認性がよい。(ラインなどとの相性がよい) 排水性舗装や透水性舗装など色々な用途がある。 コンクリートのメリット、 とにかくコンクリートより耐摩耗性、耐流動性が強い。 耐用年数が長い。 トンネルなどメンテナンス周期が長くできる。 都市部などのヒートアイランド現象を防ぐ。 コンクリートは基本的にアスファルトよりメンテナンスが大変。

1人がナイス!しています

2

うろ覚えですが、アスファルトの方がコストが安いですが、 強度はコンクリートより劣ります。 長時間の停車が見込まれる場所は、アスファルトで舗装していると 沈んでしまう可能性があるので、コンクリートにしているのだと思います。 (特に大型トラックやタンクローリーなどの重い車両だとなおさらです。)

2人がナイス!しています