ここから本文です

過払い金返還請求について教えてください。 3年前に完済済みで、4年間くらい30...

kot********さん

2010/9/721:31:04

過払い金返還請求について教えてください。

3年前に完済済みで、4年間くらい30万円をアコムに借りていました。 単純に過払い金を計算したら11万くらい過払い金がありました。
そこで質問です。
このような場合、弁護士に依頼して和解した場合って、弁護士に支払う手数料とかでマイナスになったりしませんか??

また過払い金請求の弁護士サイトを見ていたら、費用は一件につき着手金5000円(原則)、成功報酬の18%と記載がありましたが本当にそれだけなんですか?その他に掛かる費用とかありそうなんですが…
実際に完済されてから過払い金返還請求をされた方お願いします。

閲覧数:
378
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kab********さん

2010/9/723:31:12

電話して交渉してみてわかりますが、11万回収方法は裁判しか無いと確信するでしょう。

弁護士は、裁判所に行く日当、交通費、事務手数料、通信費など、報酬がかかります。
面談で依頼しないと、事務員にまかせ裁判もせず、数万回収して和解するので、着手金が安いだけで選ぶと失敗します。
特にここに無料相談と偽ボランティア、偽NPO団体には、ネットでも、知恵袋の回答にも、騙されない様に。。

質問した人からのコメント

2010/9/13 23:58:53

降参 そうみたいですね!!騙されないようにします。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nij********さん

2010/9/1116:15:58

過払い事件というのものは、すべて個人で出来ます。引きなおし計算等も簡単なエクセル操作で誰でも出来ます。

現実に、大手弁護士事務所でやる過払い事件は、弁護士が仕事をしておらず、最後にハンコを押して、相手方に電話一本いれるという程度のものです。

それでも、弁護士に相談しないと不安・・・

という人はぜひ以下を読んでください。

ほとんどの弁護士事務所は、依頼者のためと言うよりも、自分たちの生活と事務所維持のことしか考えていません。

弁護士に相談するメリットは以下の通りです。
・ほぼ機械的作業で報酬が入ってくるので、楽して儲けることが出来る。最近では、弁護士は仕事がなく、そのため食うに困る弁護士も増えています。あなたが依頼することで、そうした弁護士たちが失業せずにすみます。また、場合によっては、これで当該弁護士の飲み代等になることもあり、弁護士の生活に余裕と娯楽を与えることにも寄与します。
・機械的作業でも事件は事件ですので、これにより特に若手弁護士の経験を積ませることにもなります。つまり、あなたの依頼で、若手弁護士の成長が期待できることになります。
・また、それと同時に人脈形成にも寄与します。あなたの依頼により、弁護士は他の弁護士等と相談する場合もあり、場合によっては行政・刑事事件にからむことがあります。そうすると、警察・検察・監督官庁等の接触をすることにより、当該弁護士の幅広い人脈形成に寄与することになり、前述したのと同じような質の高い弁護士ができることになります。

このように、弁護士に相談・依頼することは、当該弁護士や弁護士業界にとって様々なメリットになります。弁護士の生活、成長、業界の発展にはあなたのような依頼者が必要不可欠といえるでしょう。

そういうわけで、弁護士の生活と業界発展を考えるのでしたら、ぜひ、弁護士に依頼してください。その場合は、ほとんど経験のない、若手弁護士を選択されるのがよろしいでしょう。多少法外な報酬を請求されても、それは、若手弁護士を育成するためだと考えれば安いものです。

ona********さん

2010/9/722:48:54

11万の訴額で弁護士に委任した場合、マイナスになる事は多分ないと思います。
しかし貴方の予測通り、他に費用等が掛かる可能性が高いです。
アコムの場合、結果的に和解であっても
提訴しないで大幅減額で和解(マイナスの可能性有)か
提訴して判決ではなく和解(訴訟費用等が掛かる)など
着手金・成功報酬以外に費用が掛かる事があります。
それと節約の為に調べたのでしょうが、着手金5千円(安すぎ)とか報酬18%等だと
別の項目で費用を取られる可能性が高いと思いますよ。(訴訟だと報酬18%→21%とか)

tak********さん

2010/9/721:55:46

アコムですよね。。。
初めての裁判は大変ですけど、11万円ですよね。。。
アコムは争点がなければ、紙切れ1枚の答弁書で「和解案」が書かれていて、5%の利息を含めるか否か程度の話しです。しかも、言い回しができれば、自分の場合、ものの5分程度で、利息5%も飲みましたよ。準備書面も出していません。2回目で、裁判所で和解に代わる決定を裁判官と一緒に作成しただけです。

頑張って^^

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる