ここから本文です

▼lookoutover学会員▼は,釈尊・法華経を否定しています。 .

its********さん

2010/9/809:50:21

▼lookoutover学会員▼は,釈尊・法華経を否定しています。
.

.
.

▼lookoutover学会員▼曰く,


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1443220914
>法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし。
>■日蓮大聖人の南無妙法蓮華経を褒める為に、■
>説明の為に故事、格言、五時八教、儒教、歴史書、経文
>他の文言を活用しています。法華経28品も例外ではありません。

>釈迦仏法とは違って、
>日蓮大聖人の南無妙法蓮華経は一生成仏の仏法、つまり久遠元初、
>中道一実、文底独一本門ですから所有る褒め言葉や説明は取捨選択の上、
>活用可能で釈迦如来は『用の仏』になります。

南無妙法蓮華経,法華経,lookoutover学会員,久遠元初,日蓮大聖人,一念三千,日蓮遺文

閲覧数:
243
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/9/816:34:38

lookoutover学会員は、URLの回答で明確に釈尊の仏法を否定しています。

自分達の宗教批判の基準である「五重の相対」の中で「内外相対」を除く「大小相対」と「権実相対」は天台の「五時八教判」に依拠しているにも拘わらす、それも関係がないそうです。
それでは、彼らの教学を構築した大石寺26代堅樹院日寛の教学でいう「三重秘伝」すなわち『法華経』迹門の一念三千よりも、『法華経』本門寿量品の一念三千の法門が勝れており、それより一重深い寿量品文底に秘められている内証深秘の一念三千の法門が最も優れているという教義は根拠を失います。

>他の文言を活用しています。法華経28品も例外ではありません。

まさに、西洋哲学のエマニエル・カントの「真・善・美」を「利・美・善」に置き換え、「利」を第一義とする「価値論」なる似非哲学を奉じる創価学会だけあって、仏教や「日蓮聖人」或は日蓮正宗の伝統教義を上手く「活用」する外道信者の言葉に相応しいと思います。

>釈迦仏法とちがって

これが、そもそもの間違いでしょう。釈尊の仏法を否定して日蓮を本佛として「日蓮仏法」なるものがあれば、「池田仏法」だって創造可能です。まさに「価値創造」に由来する創価信者らしい発言です。
(釈尊の仏法の否定→日蓮教→池田教)

>日蓮大聖人の南無妙法蓮華経は一生成仏の法、つまり久遠元初、

真撰とされる日蓮遺文や日興遺文には「久遠元初」という表現は一度も出てきません。
これらの言葉は『百六箇抄』・『本因妙抄』という所謂『血脈抄』の中に出てきますが、これらの文書は学術上は日蓮遺文とは認められていません。
有り体に申さば「偽書」です。
lookoutover学会員が引用している『御義口伝』も日興筆録に仮託して後世に編纂された文書です。
学会一般では「久遠元初」が書かれている日蓮遺文は、一例の例外も無く「偽書」扱いです。

>中道一実、文底独一法門ですから所有る褒め言葉や説明は取捨選択の上
「文底独一本門」とは「日蓮正宗の教学にいう「南無妙法蓮華経」の事ですが、まあ、『法華経』の得エッセンスとして「日蓮聖人」が抽出した『法華経』版・易行道の勧めと云ったところでしょうか。

>活用可能で釈迦如来は『用の仏』になります。
それでは「上行菩薩の再誕日蓮大士」は『用の仏』である釈迦如来の使いの菩薩と云う事になるでしょう。
「活用可能」という言葉自体が利害得失を第一義とする御都合主義を端的に表現しています。

どの道、彼らが釈尊の仏法を否定する「釈迦脱仏・日蓮本佛論」は破綻しているのです。

以下を御参考まで。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246595027

質問した人からのコメント

2010/9/8 16:48:19

降参 この回答はすごい。確実なとした証拠としっかりした論理。でも残念なのは,多くの人々が釈迦からどんどん離れていくことです。しかも「言った」「言わない」のレベルじゃ情けないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる