ここから本文です

『フリーメイソン』 『テンプル騎士団』 『イルミナティ』の 違いをザックリ教...

pea********さん

2010/9/913:36:13

『フリーメイソン』
『テンプル騎士団』
『イルミナティ』の
違いをザックリ教えて下さい。

============
さっき、「シャーロックホームズ」を
見ていたら
『テンプル騎士団』が
出て来ました。

幹部の人が“牡牛の指輪”を
していて
「どっかで見た事があるな…」
と、思い
ルパン三世の
「カリオストロの城」を
思い出しました。

気になって調べると、
“牡牛の指輪”ではなく
“牡羊の指輪”でしたが、
『カリオストロ』って人が
普通にフリーメイソリーで…

皆さんは、いつ頃(何年代)
から、フリーメイソンを
知っているのでしょうか?

閲覧数:
31,045
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

2010/9/922:54:53

「フリーメイソン真実の姿」
http://fine.ap.teacup.com/warandpeace/284.htmlより(一部抜粋)

フリーメイソンの祖はテンプル騎士団であるとの通説がある。

テンプル騎士団は中世の強力な騎士修道会で、1312年、フランス王フィリップ4世の意を受け、ローマ教皇クレメンス5世によって解散させられた。

17~18世紀のイギリスで近代のフリーメイソンが発足したとき、騎士団で使われていたシンボルや用語を採用した。

フリーメイソンの序列の一部には騎士団の「階級」がそのまま使用されている。

「フリーメイソン陰謀説」
http://s.freepe.com/std.cgi?id=kingkyt&pn=22より

近代フリーメイソンは、昔のような石工組合としての実務集団ではありません。

メイソンの規約の中にそのことが明確に述べられています。

「フリーメイソンの理想は、社会や国家を改良して、普遍的な人道主義的な世界共和国を建設することである」。

世界共和国の建設、つまり世界をひとつのまとめて「世界統一政府」を樹立する、というのが彼らの究極の目的となっています。

例えば、EU(欧州連合)も、その前段階としての思想的具体化のひとつです。

また、最近よく欧米で「ワン・ワールド・オーダー(ひとつの世界組織)」という言葉が、あらゆる分野で流行り、全てのものは一つにまとめなければならないという考え方が世界的に定着しつつあります。

確かに世界がひとつにまとまって、国境や争いのない世界が来れば、これほど結構なことはないでしょう。

メイソンの表向きの主張はそこにありますが、実際に彼らが画策している世界政府とは、こうした理想の世界ではなく、あくまでも、世界統一政府とは名ばかりの超独裁世界共和国の実現です。

そして、その目的のためには、世界恐慌や食糧危機、核を使った第3次大戦さえも起そうとしています。

つまり、生存か死かという選択を迫ることによって、人間のあらゆる自由意志を束ねて、世界を大併合に持っていこうと計画しています。

そこには、彼らが標榜する「自由、平等、兄弟愛」の精神はひとかけらもありません。

また、メイソンの主張によれば、彼ら石工がソロモンの神殿の建設に携わったという言い伝えから、エルサレムにソロモンの神殿を再建することを目的ともしています。

世界統一政府と世界統一宗教の樹立、これこそがフリーメイソンの最終目的であって、そのためには手段を選ばず、何世紀もかけてその陰謀性を発揮してきています。

本来なら、イエス・キリストを神とするメイソンが、目的のためには手段を選ばない謀略性を発揮するようになったのは、いつ頃のことでしょうか。

それは「イルミナティ」が、メイソンの中心になってからです。

18世紀には自由思想は隆盛を極めており、フリーメイソンの組織は拡大しつつありました。

また、同じような秘密結社がいくつも存在していましたが、その中の過激な秘密結社のひとつが「イルミナティ」でした。

創立者は、ドイツのバイエルン地方のインゴシュタット大学法学部長アダム・ヴァイスハウプトです。

設立されたのは1776年5月1日となっています。

ヴァイスハウプトは、超エリートによる世界統一政府を構想し、現存する国家の全ての廃絶を主張して、その手段として暴力革命や陰謀、策略を巧妙に活用することを掲げていました。

そして、そのバックボーンにはオカルティックな古代の魔術的宗教性があります。

例えば、「イルミナティ」という意味は、「光を与える、光から来たもの」といった本来の意味がありますが、この言葉の中にこの組織の秘密が隠されています。

なんと、イルミナティの光とは「ルシファー」を表わしています。

ルシファーとは聖書におけるサタン。

つまりフリーメイソンは、ルシファーを「神」として崇め、秘儀を行っています。

その彼らの崇拝するルシファーのことは、新約聖書で「666」、悪魔を表わす数字として表現されています。

ところが、メイソンにとってこの数字は悪魔の数字ではなく、むしろ聖なる数字として崇められています。

例を挙げると、アメリカのメイソンのドンである、ロックフェラーの所有するニューヨーク五番街のビルには、666の数字がビルの入口と頂上に明記されていて、しかも夜ともなれば、この666の数字がピンクのネオンサインとなって、ニューヨークの夜景に浮かび上がっています。

聖書の黙示録にはこのようにあります。

また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。

この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。

ここに、知恵が必要である。

思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。

その数字とは、人間をさすものである。

そして、その数字は六百六十六である。

「ヨハネの黙示録第13章1618節」

質問した人からのコメント

2010/9/15 22:37:54

降参 有り難うございました。
世界統一宗教ですか…
中国の『伏儀と女カ』も、
コンパスと定規を持っています。
百年後には、当たり前のよいに
イザナミ・イザナギも
コンパスと定規を持たされた『画』が…
(その前に、終末?)

「テンプル騎士団 フリーメイソン」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる