ここから本文です

鹿の角は骨じゃないって本当ですか!?

jun********さん

2010/9/1420:44:17

鹿の角は骨じゃないって本当ですか!?

閲覧数:
17,070
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

az2********さん

2010/9/1421:01:27

角質、つまり皮膚が硬くなって盛り上がった組織です。
http://satoshin.web.fc2.com/animals/ezoshika.html

私の踝も、酷い胡坐胼胝があり、ガチガチになって盛り上がってくると苛立って爪で剥いて剥がしちまいます。
結果血塗れになったりなんかして…(-_-;)

鹿の角も、年一度「ポロっ!」と落ちます。骨だったら一大事ね(>_<)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ysk********さん

2010/9/1500:15:41

ツノといっても、ウシ科のように頭蓋骨に角があり伸び続けるツノ、シカ科のように頭蓋骨ではなく皮膚の構造が変化して1年ごとに生え代わるツノ、サイ科のように毛が束になり硬くなったツノなど様々です
確かにシカの角は頭蓋骨から伸びてはいませんが皮膚が角質化や硬くなったものではなく、骨と同じように主にカルシウムで形成されたものです
ですから、骨格を形成しているものを骨というのなら骨ではない、成分が骨と同じなので皮膚でもないという事になりますね
しいていえば、骨格を形成するものではないが、骨の一種と考えるほうが自然かなという気がします

chi********さん

2010/9/1423:55:34

まず、角について。
動物によって違うのですが、骨のようなのと、皮膚の硬い部分のようなものでできているのがあります。
皮膚の硬いの版は、サイなどです。
今回は、シカとは関係ないので除外。

さて、骨のようなのの方でも、大きく分けると2グループで。
一生延び続けるのと毎年生え変わるのがあります。

シカの仲間は、毎年生え変わる方です。
まず最初に、「袋角」と呼ばれる柔らかい角ができます。
表面には毛がはえていて、中には血管も通っています。
そして、だんだん大きくなっていきます。
そして、内部が、だんだんと骨のような(成分的には殆ど骨と同じ)硬い部分に変化します。
それから表面を覆っていた部分が落ちてなくなってしまいます。
そうすると、まるで木の枝みたいな感じの、いわゆる立派な角になります。
よく見かける角は、これです。
この表面には、血管が通ってた後が線でくぼみになって残っています。
(つまり、最初は血管が通っていたけど、後でなくなります)
そして、最後に、時期が来れば、ぽろっと根元から勝手に落ちます。
左右で何日かずれることもあります。
頭の表面、落っこちた方は、最初赤くなってて一見痛そうに見えますが、痛いかどうかは本人に聞かないと分かりません。
でも、すぐに、傷が治っていくみたいな落ち着いた色になります。
で、次のシーズンは、この繰り返し。
若いシカがだんだんオトナになっていくと、次の年はもっと大きな角を作るようになります。
でも、おじいちゃんシカでちょっと弱ってくると貧弱になることもあります。

pae********さん

2010/9/1422:33:29

すいません。
編集で画像を載せられなかったので再度投稿させていただきました。

本当です。
あれは皮膚が変化したものです。
ですから、毎年生え換わることができるのです。
ちなみに血は通ってます。

nipponomeconemaさん
今僕の手元にある「学研の図鑑 動物」には鹿の角は皮膚の変化したものと書いてあります。

あと、カモシカは鹿の仲間じゃなく牛の仲間ですよ。

証拠写真↓

すいません。
編集で画像を載せられなかったので再度投稿させていただきました。

本当です。...

nip********さん

編集あり2010/9/1500:48:35

他の方が自信たっぷりに骨じゃないと書いてるからマジ私の記憶が間違っていたかと思ってどの本だかに書いてあったはずだと探しちゃったですな。
結局本が多すぎて正しい記述が見つからなかったけど、シカの角は骨質ですな。

ネットは素人の思いこみデタラメが多いんで信用しないんだけど一応↓
http://www.geocities.jp/tusu6/sika.htm
引用:「骨質のりっぱな四尖の枝角」

ちなみに何でこんなに自信があるかといったら、実は私物でエゾシカの角を持ってるんだけど、入手時に
「うーんやっぱあの本に書いてあるとおり骨だ!」
.....と思ったからなんですな。
...でどの本だったか分からなくなってしまった!

で、毎年生えきるまでの袋角には血は通っていて内部の骨格=骨を作るけど、出来上がって袋がとれたら血は通ってないですな。
すなわち私物のエゾシカの角にも中心までしっかりと骨がつまってますですな。

つまり、血が通った状態で中に骨を作って出来上がったら血が通ってる部分が剥がれ落ちるという仕組みなんですな。

で、az200kさんが紹介した参考URLはつまりは角だから角質という思いこみの間違いかと......。
.....これだからネットは信用できませんですな。

ちなみにカモシカの場合は通年骨の外側に角質のサヤがかぶっていてシカのように1年ごとに脱落しないで毎年少しずつ伸び続けるですな。

ということで本を読んだ記憶で書いてるから私の回答も素人の思いこみデタラメ回答かもね.....たぶんあってると思うんだけど.....。


なるほど、paederus_fuscipesさん、とりあえず勉強不足を認めますです。
あ、でもカモシカはシカの仲間なんて言ってませんですぞ。
さすがに鯨偶蹄目の基本中の基本なんで、四肢動物ファンの私ならそんな超超単純間違いはしませんですな。
......比較説明のためかいただけなんですな。

↑↑
yskwhrs19531217さん すばらしい!
骨質だけど骨格じゃないということですな。
私の質問じゃないけどBAあげたい!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる