ここから本文です

高カロリー輸液を投与すると、脂肪肝になる傾向が強く、糖付加を下げて、脂肪製剤...

prp********さん

2010/9/1808:16:12

高カロリー輸液を投与すると、脂肪肝になる傾向が強く、糖付加を下げて、脂肪製剤を
投与していますが、他に対処法はないでしょうか?
輸液製剤の中で、糖の配合量の違い等、脂肪肝になりにくい製剤はありませんか?

補足食道癌・下咽頭癌の患者で、食事による誤飲性肺炎を繰り返され、食事に対する恐怖感を持たれているため、と
喉からすく消化管がつながっているため、すぐに気管に入り、経口栄養は暫く不可です。
○○製剤を ml何カロリーと脂肪製剤 ml等の具体的な処方案を教えて下さい。
脂肪肝以外のラボ値は正常です。45歳女性です。ベットでおきたり座ったりされています。
新米薬剤師です。

閲覧数:
3,858
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mur********さん

編集あり2010/9/1810:11:18

基本的にありません。どうしても、門脈経由でないIVHは肝障害を起こしてしまいます。

できる限り、経管栄養を増やし、静脈栄養を減らす、しかてがありません。

術式が分からず何ともいえませんが、経鼻胃管の挿入は不可能? 私なら、胃管(というか腹部まで)を入れて経管栄養にします。少量でも。

具体的な処方といわれても、このあたりは好き嫌いが多いです。Critical care medicineにPNのガイドラインが出ていますので、そういうものを参考にしてください。

あえて、私の処方をいうのであれば、PNツインを2号1パック1100ml、ビタミン製剤、ミネラル製剤(隔日)、脂肪乳剤20%100ml、です。それ以上増やしても、多くの場合吸収できません。これで高血糖がおこらなければ、少しずつ量をふやしていけないいのでは?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uma********さん

編集あり2010/9/1810:03:45

はじめまして。どの製剤にも高血糖や脂肪肝、敗血症などの合併を多く認めます。NSTを含め薬剤師のサポートを多く摂るようにすることが強く望まれます。またカテーテル感染には十分ご留意下さい。
***
血小板減少、MRSA肺炎、ADL低下、廃用症候群など合併のターミナルステージ症例として
エルネオパ 1キット
ヒューマリンR100 16単位
塩化ナトリウム10%シリンジ20ml 1筒
アデラビン9号注1ml 1管
タチオン200mg 1管
ネオファーゲン20ml 2管
5時間でアミノレバン500ml 1袋

ALB1.9と改善ない・・・
参考にはなれませんね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる