ここから本文です

『理会』と『理解』の違いについて 手元に辞書がないため、ネットで意味を調べ...

kainkirisimaさん

2010/9/1920:47:38

『理会』と『理解』の違いについて


手元に辞書がないため、ネットで意味を調べましたが、
この言葉の意味合い、使い方、違いなどが
今一つよくわかりません。

『理会』と『理解』はイコールではないけど似ている…?という程度しか理解できません。

特に『理会』のほうの例文などいくつかあげて頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
1,454
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/9/1922:00:29

こんばんは。

【理会】は
〔「理解会得(りかいえとく)」から〕
物事の道理をさとりのみこむこと。合点。

文例:
①「人は自己の中にある理に由つて宇宙成立の原理を理会することができる/善の研究/西田幾多郎」

文例②「およそ書を読むには、一度看てまた看る。段落を遂い、理会することを要す/朱子」

文例③「先ず英語を世界語として理会するの力を養ふを要す、而して記憶法の原理に由て耳に、目に、手に、口に均しく交も訴たふるあらば、会話力も亦自然に発達せん而己/最新英語教習法/高橋五郎」(高橋五郎は明治中期大正初期の翻訳家・評論家)

【理解】は
(1)物事のしくみや状況、また、その意味するところなどを論理によって判断しわかること。納得すること。のみこむこと。
(2)相手の立場や気持ちをくみとること。
(3)道理。わけ。また、道理を説いて聞かせること。

同音語の「理会」は物事の道理を悟ることであるが、それに対して「理解」は物事の意味・内容をわかることをいう。

つまり、知識の深さのレベルが
物事の意味・内容に留まるのが、「理解」

物事の道理を悟る、つまり真理を得るのが、「理会」

ではないでしょうか。

ご参考になれば、幸いです。

質問した人からのコメント

2010/9/20 22:09:36

感謝 知りたかった部分を、とても丁寧に教えていただき、違いなどがよく『理解』できました。

大変分かりやすいご説明、ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。