ここから本文です

尖閣諸島の領有権について。 ごくごく客観的な視点で日本と中国どちらの主張が有利...

iya********さん

2010/9/2508:13:42

尖閣諸島の領有権について。 ごくごく客観的な視点で日本と中国どちらの主張が有利なのですか?感情的な話でなく、歴史的、国際的認識などからご教示お願いします。

閲覧数:
3,156
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bro********さん

2010/9/2509:27:10

日本の主張のほうに正当性があります。

尖閣諸島は、1885年以降、日本政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって、正式に日本の領土に編入することとしたものです。

同諸島は爾来歴史的に一貫して日本の領土たる南西諸島の一部を構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づき日本が清国より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。

従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は同条約第2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)により、日本に施政権が返還された地域の中に含まれています。以上の事実は、日本の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものです。

なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸島が含まれている事実に対し、従来が何ら異議を唱えなかったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も、1970年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化して、はじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至りました。(注)

(注)1969年に、国連アジア極東経済委員会(FCAFE)の沿海鉱物資源調査団(CCOP)が東シナ海の海底を調査したところ、尖閣諸島海域に石油、天然ガスなどの豊富な地下資源が眠っている可能性があると発表したため、中国が、1971年に突然、外交部声明で「尖閣諸島は台湾と同様、我が国の領土の一部である」と宣言。

また、従来中国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点は、いずれも尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえません。

質問した人からのコメント

2010/9/28 21:30:45

なるほどですね勉強になりました。やはりどう考えても日本の領土ですね!米国の国防次官補も明瞭に発言してくれました。 国民として今後も頑張って声をあげていきましょう! みなさんありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuo********さん

編集あり2010/9/2509:05:33

尖閣諸島は、沖縄や台湾の漁民が、漁の休憩地点や物資の集積などに利用していた無人島で、基本的に水が出ませんので、人が定住するには向かない土地です。

日本が明治政府のころ、国際社会で「国境線を明確にしよう」という運動が起こり、その時に明治政府によって「尖閣諸島は日本のもの」という宣言が行われます。
宣言に対する反対も特に無かったので、尖閣諸島はそのまま日本の領土となり、一時は水産加工工場が操業されるなど、人が長期滞在していたこともあったようです。

その後、’70年代になって中国と台湾が領有権を主張します。
これは、国際海洋法により海上にも国境が引かれ小さな島にも存在価値が生じたため。
また、海底資源の存在が明らかになったことも大きく影響したと考えられる。
中国・台湾の主張の趣旨は、「尖閣諸島は台湾の一部である」という地理的な近さと漁民たちが利用してきた歴史を根拠としており、中国は「台湾自体が中国のもの」と思っているので尖閣諸島も中国のものという理屈です。

まあ、戦前の中国は尖閣諸島の領有なんていっていられる状態ではなく、国全体が列強各国に切り売りされる危機に瀕していたので、明治のタイミングで領有権争いが出来なかったことは理解できる。
しかし、中国には戦後賠償という大きな好機があり、そこで領有を主張しなかったのだから、70年代になってから言い出されても「何を今更…」という話です。

わっかさん

2010/9/2508:31:24

実効支配している側が圧倒的に有利です。
北方領土を見ても、竹島を見ても、実効支配してない側にできることは、軍事侵攻か遠吠えするか。
実効支配している側は、蛙の面になんとやら・・・。

tuy********さん

2010/9/2508:20:57

有利とか不利を争う問題ではないと思います。国際的には尖閣諸島は日本の領土になっているにも関わらず、中国は自分のものだと主張する。石原都知事が「ヤクザのシマ争いのやり方だ」と言っているように、まともな民族ではないのです。素手の一般市民とドスを持ったヤクザが戦っているようなものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる