ここから本文です

他力本願の反対語は自力本願なのでしょうか?

ki_********さん

2010/9/2610:36:01

他力本願の反対語は自力本願なのでしょうか?

他力本願の反対語は自力本願ではなくて自力なのでしょうか?

閲覧数:
12,617
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

puk********さん

編集あり2010/9/2615:58:59

よくある誤解なのですが、
他力本願というと、「他人任せで本当の願をかなえる」と捉えられますが、この場合、「他力」は自分の外、そして「本願」が自分の側といった具合に、対極にありますよね。
しかし、真宗でいう他力本願というのは、「他力」も「本願」も自分の外の側にあるのです。

仏教で一般的には、「他力」とは、仏・菩薩・聖者が、自らが持つ優れた能力をもって他の菩薩や衆生に加え施すはたらきであり、真宗では、「他」というのは阿弥陀如来のことであり、「力」というのは阿弥陀如来の「本願力」、つまり阿弥陀如来のはたらきを意味しています。
そして「本願」というのは、阿弥陀如来が法蔵菩薩という名で修行をしていたときに立てた誓いである「願」が成就して、衆生は願力によって極楽往生するというものであります。
つまり、「他力」も「本願」も阿弥陀如来から発せられているものであります。
そして、他力そのものが、阿弥陀如来のはたらきであり、本願というのは阿弥陀如来の願が成就して衆生が極楽往生することでありますので、自力本願では、「自力」と「本願」の間で矛盾が生じます。

そのため、他力本願の反対語は自力、もしくは他の回答者が答えられている自力作善であります。

質問した人からのコメント

2010/9/27 23:00:26

感謝 お答え頂きありがとうございます。

他力と自力に関してはまだまだ不明な点が多いです。

機会があれば別の質問をしますのでその際にはよろしくお願い致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sim********さん

2010/9/2611:31:03

「その故は自力作善の人はひとえに他力をたのむ心欠けたるあいだ弥陀の本願に非ず」(歎異抄)

自力作善、自力と言う言い方はあっても自力本願の言い方はありません。

まあ、ここから先は、私は、他力について、理解していないので、他の詳しい方の御回答にお任せします。

oni********さん

2010/9/2611:27:37

出典は不明ですが、今の世間で言う「他力本願」の反対語は「自力本願」として通用していますね。
何れも熟語や概念としては使われるが現実には余り明確なケースはなくて、

現実には両者が併存している訳で、時としてどちらかに偏った場合に
批判的な用例として使われる事が多いようです。

sum********さん

2010/9/2611:26:41

他力本願の反対語は自業自得ですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる