ここから本文です

まだ社会復帰は遠いですね

プロフィール画像

カテゴリマスター

ger********さん

2010/9/2917:00:57

まだ社会復帰は遠いですね

私(29)は無職の精神障害者です。
現在は障害基礎年金をもらいながら、車で家族を病院に
送迎したり、買い物の代行などの家事手伝いをしたり、
社会復帰のための訓練の一環として昨年末から福祉施設で
農作業をさせてもらってます(ちなみに運転については
医師の許可を得てます)
初期の頃はシイタケの育成と収穫に生き甲斐を感じて
週に三日通っては作業に熱を入れてたのですが、
やがでシイタケが育つ季節は過ぎて、その作業も無くなった
時から喪失感を抱き、施設を2カ月間休むようになりました。
(その間は、昔の安いTVゲームのソフトを買って
遊んでばかりいました)

ただ、そんな生活ばかりしていて良いのだろうか?と
思った私は再び施設に通うことを決めました。
最初は作業をする気力が無かったため、見学から
始めてたのですが、今では
ナスの収穫や畑の開墾。野菜の種を植える。肥料を埋める。
草刈りなどのどちらかというと単純な肉体労働を
やるようになりました。
正直に言って作業を再開する前はシイタケの収穫以外はやりたく
なかったのですが、社会復帰を志す以上、
常に自分のやりたいことばかりやり続ける姿勢は
良いことだとは思えないのです。
時には、一見やりたくないなと思ったことでも、やってみなければ
自分に合うかどうかを発見することはできないでしょうし、
何よりも社会復帰を目指すのであれば、多少の妥協を
して積極的に動くくらいでなければならないとも考えてます。
そういう訳で、今の私は週に4、5日は自宅から20㌔離れた施設から
愛車で通って、午前中だけですが作業をさせてもらってます。
職員さんは今の私の活動スタイルは良いことであると受け止めて
くださってますが、本当にこれで良いのでしょうか?
心身ともに持続力が無いため、午前中だけしか施設で作業ができないのは
まだ問題があると思うのですが…皆さんからのご意見をお待ちしてます。

補足16の時、バイトをしていて不出来で解雇
されました。それ以来、仕事をしたらまた失敗
するのではないか?という恐怖が染み込んで
しまい、面接に臨もうとすると吐き気、過呼吸、
下痢などの体調不良に襲われるため、長い間
無職です。昔のトラウマを長く引きずっていることを
理解してもらうのは難しいですが、何もかも
自分のせいです。親が死んだ後も生活できるように
なるため、年金+賃金という形になれれば良いのですが…
試練ですね

閲覧数:
355
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dro********さん

2010/10/517:22:54

今の状態は、とても良いと思います。
で、社会復帰しなければと言う焦りも多少あるのですね。お給料が欲しいという気持ちは、前向きでよいと思います。強迫観念で社会復帰しなければと思われているのでしたら、まだ待ってみましょう。施設の方が言っている通りで、今は良い状態です。お医者さんには、ときどき診ていただいていると思いますが、こちらから就職を進められたら考えましょう。

ちょっと厳しいことも書きます。社会復帰しないで今のまま居たいという考え方が強すぎて、現実逃避したいようなお気持ちの場合は、周囲の人に相談してみましょう。この先々いつまでも施設に依存できるわけではありません。基礎年金とお給料という生活がやはり理想です。
面接のお話は、トラウマというか「心の後遺症」です。気分を安定させることや不安を解消させることが必要でしょう。今、何かお薬をいただいていると思いますが、その中に不安解消剤や気分安定剤が入っていると思います。お薬を止めたとすれば、もうそれらのお薬無くても大丈夫というお医者さんの判断だと思います。気が向いたら、アルバイトに応募してみても安心して良いと思いますよ。けれども無理しないで、その前に施設に滞在するのを夕方まですこしずつ延ばしてみることだと思います。

それにしても、椎茸とかおナスとかに触れる生活というのは、かなり健康的で心にも体にも良いところです。多少の肉体労働を伴うところが向いているかも知れませんね。

大丈夫、世の中はあなたを受け入れてくれると思います。

質問した人からのコメント

2010/10/5 18:05:25

お二人とも、本当にありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tou********さん

2010/9/2923:20:25

『自分は不要な人間じゃない』自分にそう言い聞かせる事が早期社会復帰への道だと思います。僕は今までの経験を生かして、自転車、傘、水道修理や、児童館で工作を教えるボランティアをする事で、人に喜んでもらい、自分に自信を与えてもらっています。そう言ったボランティアの中から自分を再発見する道もあるのではないでしょうか。僕もうつですが、何とか仕事だけはこなしています。でも、子供たちが巣立ったら、特技を生かして水道屋のバイトでもして食べていくつもり(現在は正社員ですが、早期にリタイアしてと言う意味)です。『自分はダメな人間だ』と考えるのではなく、『自分はこんな事が出来るんだ』と言う事を発見してください。僕もあなたの活動は間違っていないと思いますよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる