ここから本文です

第二次大戦の列強の空軍は結局どこが一番強かったんですかね? 日本空軍はオース...

mjg********さん

2010/10/516:02:09

第二次大戦の列強の空軍は結局どこが一番強かったんですかね?
日本空軍はオーストラリアでイギリス空軍に勝ったらしいですが、
イギリス空軍はバトルオブブリテンでドイツ空軍を破りました
総括して日米英独ソで一番強かった空軍は?
(その戦闘に投入出来る機体数の優劣ではなく、同数に近い機体数で交戦した場合の勝敗
もしくは機体数の差が多いならその差を考慮した上での優劣です
例えば10機と100機で空戦した場合、10機側が全滅したとしても100機側の内20機を撃墜したとすると
勝利は10機側となる
という感じの優劣です)

閲覧数:
350
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dom********さん

2010/10/516:08:42

単純に最も多くのエースを輩出したドイツでは?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

m_g********さん

2010/10/616:06:17

アメリカだと思います。

同じ数が同じ時間戦えばドイツだとはおもいますが、

順を追って説明すると、戦争初期のゼロ戦は確かに強かったが後発のF6Fやコルセアなどは同数でも強かった。

更に強かったのはドイツです。
プロペラ機でも強かったのにジェット戦闘機のメッサーシュミット262も生産されました。

これが大戦中では同数なら最強でしょう。

しかし、ドイツ機には欠点があります。

航続距離が一番短いのです。

いくら強くても戦う時間も短ければ、遠方に攻撃にもいけない。

しかも、日・米・英にはあっても独には空母もない。

したがって最終的にはアメリカが最強だと思います。

kou********さん

2010/10/615:25:55

アメリカです。 疑問の余地はありません。 欧州戦線ではB-17、B-25、B-26の爆撃隊、P-51やP-47の戦闘機隊でドイツ空軍を圧倒。 太平洋では海軍の艦載機F6Fヘルキャット、陸軍のP-38、P-51戦闘機、そして極め付きのB-29超重爆で日本軍を壊滅させました。 戦争は勝たないといけません。 個々の空中戦で少々いいところを見せても、まあそれは戦記小説用ですね。

編集あり2010/10/521:15:48

実績としては英国のRAF、次いでソ連空軍、ドイツのルフトヴァッフェの順ですね。
もちろん条件によって大きく変わりますが。

日本には過去現在を通じて空軍が存在した事はありません(航空自衛隊は「軍隊ではない」そうですから)し、合衆国空軍の設立は大戦後の1947年9月18日です。
これらの陸・海軍航空隊も含めるのであれば、やはり合衆国陸軍航空隊(航空軍)が最強と言う事になるでしょう。

yuj********さん

2010/10/520:07:38

総合的に見ていちばん強かったからこそアメリカが勝利したと言うことではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる