ここから本文です

旧借地法で契約更新を考えています。 不動産屋を挟まず個人でやりたいと思います...

sen********さん

2010/10/803:16:53

旧借地法で契約更新を考えています。
不動産屋を挟まず個人でやりたいと思います。それで契約書はどうやって作ればいいのですか?

旧法で更新するための契約書の作り方がよくわかりません。
新法の契約書とは文面とかやっぱり違うんですよね?


希望は
名義を変えたいのと20年契約にしたいです。

補足土地賃貸借契約書はネットにたくさんあります。それを更新の際にも使えばいいんでしょうか?
それだと新規の借地契約になると思うのですがいかがでしょうか?(期間は20年だから当然更新という判断?)
更新か新規かで契約書に違いはないのでしょうか?例えば(更新契約とする)といった旨を契約書に記載するとか・・・

更新ということで賃貸人とも話が済んでいます。
細かくて申し訳ないですが知恵をお貸しください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
715
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

編集あり2010/10/817:43:34

契約書はネットや文具店に日本法令書式などひな形がありますよ。また更新料・名義書き換え料など発生すると思います。底地の売却が可能であれば打診してみるのもよいかと思います。旧法の更新は20年だったのでは?



旧法では自動更新という考え方が多いようです。契約書を新しく作るのであれば補足の通り新しい契約と間違えないために更新土地貸借契約書であるとか更新である旨の表記がよいと思われます。また相続であれば書き換え料等もかからないみたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる