ここから本文です

ガンプラの塗装について質問です

nin********さん

2010/10/1121:51:06

ガンプラの塗装について質問です

ゲート処理→やすりがけ→グレーサフ→水研ぎやすり→白塗装
ここで質問なんですがグレーサフのあと水研ぎやすりをすると白い部分とグレーの部分ができ、白塗装すると白色がうまくのりません。
ここでグレーサフはやめて白サフだと白で塗った後やすりがけしてもわかりにくいので私的にはグレーサフのがすきなのですが白塗装にはグレーサフはつかわないほうがよいでしょうか?
わかりにくい文章ですみませんがご意見いただけるとうれしいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,299
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2010/10/1200:47:52

明らかにサーフェイサーの研ぎすぎですね。
サーフェイサー後の水研ぎの目的は
①サーフェイサー吹き後に初めて見えた不良の修正
②サーフェイサー塗装の表面荒れを整える。
です。
よって①のように不良を発見し、修正した場合は再度サーフェイサーの塗装が必要。
②のようにサーフェイサー塗装を若干失敗し荒れの修正をした場合も再度修正塗装が必要です。
サーフェイサーが綺麗に塗装出来ている場合で、つや消し塗装仕上げなら水研ぎは不要ですよ。
つや有仕上げするなら、コンパウンドで下地処理をします。
私はホワイトサフの白が好きで、そのまま仕上げてしまったりもしますので、そういう目的なら
白サフもアリですが、まずは基本的なサフの塗装をきちんとやりましょう。

質問した人からのコメント

2010/10/12 07:46:00

成功 みなさまご意見ありがとうございます参考にさせていただきます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vic********さん

編集あり2010/10/1200:09:15

サーフェイサー吹いた後、ペーパーがけするほど丁寧に作業しているのに
なぜその後もう一度サーフェイサーを吹かない?
下地の色がまだらだと、綺麗に発色しないのは当然ですよ。
(隠ぺい力が強い色だとそれでも構わないが)
ペーパーかけた後、もう一度表面をチェックする意味でも
サーフェイサー吹いたほうがいいと思うけど。
何のための作業工程か、よく考えないと。
サーフェイサーの表面を整える意味での研ぎ出しなら
下地が出るほど磨いちゃいけません。
それと白のパーツに白のサーフェイサー吹いたら、
どこまで塗れてるか分かり辛いですよ。

gad********さん

2010/10/1121:56:44

ヤスリがけして塗料が乗らないのは、ヤスリがけで出たカスが残ってるからじゃないんですか?
「白い部分」がやり過ぎて下地が出ちゃったものだったとしても、ペーパーがけで足付けはできてますから。

結局、白く汚れてるのに洗わないから、だと思いますが?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる