フランス語を勉強してることをバイト先のおばちゃんに話したら「フランス語なんかフランスでしか使えないんだから、今からは英語勉強しなきゃダメよ」って言われました。

フランス語を勉強してることをバイト先のおばちゃんに話したら「フランス語なんかフランスでしか使えないんだから、今からは英語勉強しなきゃダメよ」って言われました。 そうなんですかね? たしかに日本でフランス語は使うことないし仕事的な需要もありませんが、私は以前に外国の留学生と交流した経験あり、アフリカから来た彼はフランス語が話せて、でも英語話せなくて、世界には英語話せなくてフランス語話せる国がたくさんあるって実感しました。それにフランス語話せたら、英語が通じない国にも冒険できると思いました。 おばちゃんは無意味って言いますが、そんなことないですよね?

水の生物2,606閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

フランス語やスペイン語なんかは、国際関係のNGOグループには、結構、引っ張りだこだと思います。 NGOならアフリカに対する支援なども行っており、その時にフランス語が必要な場合もあります。また、フランス語系統の 国で今後力をつけてくる国があったら、一般企業でも役に立つと思います。 フランス語圏 ヨーロッパ フランス共和国(公用語) スイス連邦(公用語、他にドイツ語・イタリア語・ロマンシュ語も公用語) ベルギー王国(公用語、ワロン語とも呼ぶ。他にオランダ語・ドイツ語も公用語) モナコ公国(公用語) ルクセンブルク大公国(公用語、国語はルクセンブルク語。他にドイツ語も公用語) イタリア共和国(地方公用語。公用語はイタリア語。地方公用語は他にドイツ語・セルビア・クロアチア語) ガーンジー島(イギリス王室領。公用語、他に英語も公用語) ジャージー島(イギリス王室領。公用語、他に英語も公用語) アフリカ ガボン共和国(公用語) カメルーン共和国(公用語、他に英語も公用語) ギニア共和国(公用語、主要言語は、マリンケ語・プル語・スス語) コート・ジボワール共和国(公用語) コモロ・イスラム連邦共和国(公用語、他にアラビア語も公用語) コンゴ共和国(公用語、主要言語は、リンガラ語・ムヌクツバ語) コンゴ民主共和国(公用語、主要言語は、コンゴ語・リンガラ語・ルバ・カサイ語・コンゴ・スワヒリ語) ジブチ共和国(公用語、他にアラビア語も公用語) セイシェル共和国(公用語、他に英語も公用語) セネガル共和国(公用語、主要言語は、ウォロフ語・ジョラ語・セレール語・ソニンケ語・プル語・マリンケ語・マンディンカ語) チャド共和国(公用語、他にアラビア語も公用語) トーゴ共和国(公用語、主要言語は、エウェ語・カビイェ語) ニジェール共和国(公用語、主要言語は、アラビア語・カヌリ語・ゴウルマンチェマ語・ザルマ語・タマジャク語・ツブ語・ハウサ語・フルフルデ語) ブルキナ・ファソ(公用語、主要言語は、モオレ語・フルフルデ語・ジュラ語) ブルンジ共和国(公用語、主要言語は、ルンディ語) ベナン共和国(公用語) マダガスカル共和国(公用語、他にマダガスカル語も公用語) マリ共和国(公用語、主要言語は、シェナラ語・ソニンケ語・ソノイ語・タマサイット語・ドゴソ語・ハアソンガハンノ語・ハサニャ語・バマナンカン語・バンバラ語・フルフルデ語・ボゾ語・ボム語・マニンカカン語・ママラ語) モーリシャス共和国(公用語、他に英語も公用語) ルワンダ共和国(公用語)(他にルワンダ語・英語も公用語) 中央アフリカ共和国(公用語、主要言語は、サンゴ語) 赤道ギニア共和国(公用語、他にスペイン語も公用語) マヨット島(公用語、フランス自治領) レユニオン島(公用語、フランス海外県) 北アメリカ カナダ(公用語、他に英語も公用語、ケベック州の公用語) アメリカ合衆国ルイジアナ州(公用語、他に英語も公用語) サンピエール島・ミクロン島(公用語、フランス自治領) 中央アメリカ ハイチ共和国(公用語、他にクレオール語も公用語) グアドループ島(公用語、フランス自治領) サン・マルタン島(フランス自治領) サン・バルテルミー島(フランス自治領) マルチニーク島(フランス自治領) 南アメリカ ギアナ(フランス海外県) オセアニア バヌアツ共和国(公用語)(他にビスラマ語・英語も公用語) ニューカレドニア島(公用語、フランス自治領) フランス領ポリネシア(公用語、他にタヒチ語も公用語。フランス自治領) ワリー・エ・フトゥナ諸島(フランス自治領) ただいえるのは、あくまで貴殿の目標とやりたいことが重要です。 そのおばあさんは、「学校で確実に役に立つ」というのが、主力の考え方を しているんでしょう。 将来、「あの時フランス語をやっていれば」とか、就職活動のときに「やっぱり、この仕事につきたかった。」とか、そうでなくても、 フランス旅行やフランスに移住したくなった際に、学生の頃、フランス語やっていれば、とか思う可能性もあるわけです。 な就職等に役に立てたいと思うなら、今からそういう就職先を探すべきです。そして、あくまで教養として、趣味や人生に深みを 与えてくれるものとして考えるなら、それは、それで役立つでしょう。そのおばあさんは海外に留学するとか、そういった発想がないと思います。 ただ、やるからには継続することです。あと、フランス語ができたら、有利になるorつける職業についても、捜してみるといいと思いますよ。その職業に就かなくても、自分の目標意識を挙げるために必要です。あと、おばちゃんは、貴殿のためを思っているのですし、貴殿が「フランス語を学ぶ明確な理由」を述べられなかったからいわれてしまったと思います。(本人には恐らく悪気はないでしょう。) なので、おばちゃんとは、うまく付き合ってくださいね。

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

っていうかそのおばちゃんは話せるのかな?英語やフランス語その他。 前の回答者さんも言っていますが、教養のないおばちゃんの言葉なんか無視。 確かに英語が出来ればあると程度の国なら通じます。『フランスでしか?』いえいえ『カナダ・スイスその他ヨーロッパ』で広く使われるし英語よりフランス語を話せると『教養ある・カッコイイ』と思われます。 でも英語も話せるように勉強しておきましょう。

0

無意味どころか重要だよ!! バイト先の教養のないオバちゃんの意見を気にする方がおかしい!! 現在、英語が出来てあたりまえ!! 第二外国語を話せると社会で重宝される。外資系企業や商社、ホテルや旅行会社の就職面接では必ず質問される。しかしただ話せるだけではダメでしょう。社会で英語がTOEICのスコアーで具体的な能力を求められる様に、貴方も幾つかあるフランス語の検定を受験して、具体的な能力を証明出来る様にしておく方が良いのでは!?

0

バイトのオバチャンなんかムシムシ。おばちゃんこそ、無意味。 とにかく、あなたに偉そうにしたいんですよ。 確かに英語は一番大事ですが、国連では、英語と並んでフランス語は公用語ですよ。 それに、アメリカでは、スペイン語を話せると軽蔑されるけど、フランス語を話すと、ちょっと、ランクが あがる。 フランス語は価値ありです。ラテン語を一つ話せるようになると、他の言葉を習得するのが楽というのもあります。 でも、英語は、出来て当たり前ですけどね。

0

全然無意味じゃありませんよ。 現にフランス語も多くの国際機関で公用語になっているじゃないですか。 教養語は英語と同じやつがそれなりにあるから楽しいですしね。

0

フランス語は確実に通じる(公用語)けど英語が通じない かもしれない(公用語でない)国は世界にたくさんあります。 ・昔はヨーロッパ諸国での外交で使われる言語となっていた 事実 ・植民地政策でアフリカをフランスが支配していたこと (大航海時代とか)からくるものです。 具体例としては、 ヨーロッパ:スイス・ベルギー・モナコなど アフリカ:ギニア・コンゴ・セイシェルなど アメリカ近辺:ハイチなど アジア:ベトナム・カンボジア・ラオスなど いずれにしろ、言語という文化を学ぶ ことに無駄なことなど一切ないと思います。 一生使わなかったとしてもそこから色々なものが 見えてくると思います。 そのバイトのおばちゃんのような器の小さい人間に 影響されずに是非勉強してください。