ここから本文です

障害年金受給中でも、国民年金保険料は支払うことになるのでしょうか。 精神障害...

acc********さん

2010/10/1304:19:38

障害年金受給中でも、国民年金保険料は支払うことになるのでしょうか。
精神障害年金を申請中です。
初歩的なことかも知れませんが、よろしくお願いします。

閲覧数:
33,582
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fil********さん

編集あり2010/10/1721:51:54

障害基礎年金を受給中の人(1級・2級の人)は、国民年金保険料は「法定免除」になります。市町村役場に「免除理由該当届」を出してください。無条件に全額免除になります。

法定免除を受けずに払うこともできます。障害年金には通常、数年に1度の更新(診断書提出)があり、障害が軽くなったと判定されると支給停止になってしまいます。
その場合、65歳以降であれば老齢基礎年金に選択替えして受給できます。しかし免除期間があると、老齢基礎年金は減額されてしまいます。
そのため、将来を見越して敢えて法定免除を受けずに払っている人もいます。

法定免除を届け出ずに納付した場合、後で強制的に還付されてしまうという回答がありますが、誤りです。以前にも同じ内容の回答をした人がいて、気になって年金事務所に確認したのですが、そのような扱いはしていないとのことでした。

質問した人からのコメント

2010/10/20 16:01:21

皆さん、回答ありがとうございます。
「法定免除」の要件等詳しくお教え下さり勉強になりました。
こちらの方をBAといたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

saw********さん

2010/10/1322:03:37

障害年金1級、2級であれば国民年金は制度により全額免除となります。これを法定免除といいます。2級の障害基礎年金の受給者が、障害等級3級になった場合、3年間は法定免除です。

また、法定免除に該当した場合、法定免除を受けずに国民年金を払うことはできません。障害が回復したときのために法定免除を受けないということはできないのです。回復を見越して年金額を納めたいときは、免除期間を追納する以外ありません。

障害2級該当者が法定免除の手続きをとらずに、国民年金を納めても、それが判明したとき障害年金受給権の前月に遡り、保険料は全額還付されてしまいますので、ご注意を。

mar********さん

2010/10/1309:17:24

障害厚生年金や障害共済年金の1級・2級に該当した場合や、障害基礎年金に該当した場合は、障害年金の該当月の前月分から国民年金は法定免除の対象となります。
決定後に障害年金の証書を持参し、市区町村の国民年金担当課で該当届を提出してください。

障害厚生年金や障害共済年金の3級に該当した時はは、法定免除にはならないので、支払いが困難な時には、免除や若年者納付猶予(30歳未満)の申請をしてください。

reo********さん

2010/10/1304:45:56

一級と二級は指定免除になります!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる