ここから本文です

全国土木建築国民健康保険について

dxx********さん

2010/10/1522:15:25

全国土木建築国民健康保険について

保険給付について教えて下さい。

HPに、病(医)院で支払った一部負担金(食事療養標準負担額及び生活療養標準負担額を除きます。)が月額16,000円以上のとき。【療養見舞金】

一部負担金(高額療養費支給額を除きます。)から15,000円を差引いた額(1,000円未満の端数は切り捨てます。)を支給します。

と書かれているのですが、これは歯医者に通院についても適用されるのですか?
歯医者は病気じゃないので適用外ですかね。

閲覧数:
2,435
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2010/10/1700:46:37

書いてある「一部負担金」というのは、保険を使って治療等を受けた、つまり保険診療であったもののうち被保険者である患者さんが払ったお金のことを言います。
お年寄りや乳幼児を除いて、だいたいの人は‘3割負担’している分です。

歯医者も「病(医)院」に含まれます。
が、『病気じゃない』とあるので、ホワイトニングや矯正をされたということでしょうか…?
こういった「保険適用でないもの」(自由診療といいます)ですと、療養見舞金だけでなく一部負担の対象外です。
歯医者からもらった明細に「保険」か「保険外負担」かが金額などで明記されてますので、それで分かると思います。

なお、保険診療でも、土建国保の方で「この治療だとこのくらいの金額」とか「こういった治療にはこの技術は必要ない」など、保険適用の診療でも内容を審査するので、実際に患者さんが払った負担金と見舞金の額が計算上合わない場合があります。
その場合は健康保険が決めた「本来の」一部負担金と医者に払った「実際の」負担金との差額を自分で医者に請求はできます。(面倒ですけど...)

明細見たけど分からない、というときは、土建国保の窓口の人に確認した方が確実だと思いますよ。

質問した人からのコメント

2010/10/17 08:28:57

降参 詳しく分かりやすい回答有難うございました。
明細書を確認してみたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる