ここから本文です

ブラックホールって何ですか?本当に存在するのですか。

kak********さん

2010/10/1620:28:05

ブラックホールって何ですか?本当に存在するのですか。

閲覧数:
423
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rik********さん

2010/10/1620:50:20

光を吸い込むほど重力が強い場所です。したがって、「見ることが出来ない」ということからブラックホールと呼ばれます。
アインシュタインの理論(一般相対性理論)によると、重たい物体があると、そのまわりの空間がゆがむのです。実際に重力レンズ効果という、曲がった光が観測されています。ゆがんだ空間とは「まっすぐ進んだと思っていても、気が付いたら曲がって進んでいた」という空間です。
ブラックホールの候補はたくさんあります(白鳥座X1とか銀河中心とか他の銀河の中心など)が確実にこれがブラックホールだというところまでは断言できていません。

天然モノの普通のブラックホールは、とても大きい恒星が最後に爆発した後の中心に出来ます。爆発は、各部分が四方八方に急激に膨張しているので、中心部分では超高圧で押しつぶされて超高密度になります。それで、空間の歪みが光を吸い込むほどになることでブラックホールが出来ます。それ以上圧縮するとブラックホールになる半径のことを(ブラックホールの存在を理論的に予言した人の名をとって、)シュヴァルツシルト半径といいます。

基本的に、重力は物体の重心からの距離が近いほど大きくなります(磁石の引き合う力などと同様)。距離が10分の1ならば重力は100倍になります。距離が100分の1ならば引力は10000倍になります。(距離の二乗に反比例する)

モノの半径をシュヴァルツシルト半径以下に圧縮できれば、ソコからは光が出てこられないのでブラックホールになります。
(普通の物体のシュバルツシルト半径は、物体の内部にあります。その状態では内部に入れば、引力が小さくなってしまいます。)

(‘ v‘)/
太陽のシュヴァルツシルト半径=3kmくらい
地球のシュヴァルツシルト半径=9mmくらい
です。

はじめに、「見ることが出来ない」と言いましたが、実際には、近くにある恒星などから引き寄せたガスが吸い込まれる直前にブラックホールの周りをグルグルとまわって、降着円盤という円盤を作ると考えられていて、その円盤から出る光やX線や電波などで観測できます。シュバルツシルト半径より外側からなら光が出られるからです。

なお、ブラックホールになると重力が強力になって、遠くのものを吸い寄せるようになるわけではありません。ただ、ブラックホールのそばの重力が、とても強力だというだけです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuk********さん

2010/10/1919:21:05

存在しますが、正確な情報はまだ分かっていません。普通望遠鏡では観測出来ない(吸収されて光も発さないため)のですが恒星などのガスを吸収する時、ジェットが観測出来ます。それで存在が確認出来ます。

mfx********さん

2010/10/1802:03:41

1.回答
(1)ブラックホールって何ですか?
脱出速度が光速度以上となる領域を、ブラックホールと呼んでいます。

ブラックホールの周囲には非常に強い重力場が作られるため、ある半径より内側では脱出速度が光速度を超え、光ですら外に出てくることができないためです。
この半径を「シュヴァルツシルト半径」と言い、質量に比例した半径を計算できる簡単な方程式です。
これは、 アインシュタイン重力場の方程式(一般相対性理論)の特殊解としてカール・シュヴァルツシルトが解いた、静止ブラックホール解とも言います。
実存するものは、軸の周りに一定の角速度で回転するブラックホール(ロイ・カー氏が解き、カーの解と言います)と考えられています。

(2)本当に存在するのですか?
存在するという考え方が学者でも主流です。
理由として、直接観測は不可能なため、間接的な観測の証拠にて、ブラックホール以外考えられないというものです。

2.ブラックホールの検出
(1)探す方法
Ⅹ線を観測し、候補を探します。
連星で、ブラックホールに引き寄せられた、ガスが吸い込まれる際に、強い重力で加速され、かつ、圧縮された際に高温・高圧となり、X線を放つためその性質を利用します。
ただし、これだけでは、中性子星も同様であるため見分けがつきません。

(2)中性子星とブラックホールの見分け方
ブラックホールも近くに何もないとさすがに検出は難しいですが、連星のものは、相手の恒星を観測することで検出できます。
連星ですから、見える星の質量を計測後、見えない星の質量を計算します。
そこで、見えない星の質量が、太陽質量の3倍以上であれば、ブラックホールとみなします。
3倍未満では、中性子星と判定します。
この境目の質量を「チャンドラセカールの限界質量」と言います。

3.ブラックホールは以下のタイプがあります。
(1)重い恒星の進化の果てで生成されたもの(中程度の質量)
(2)銀河中心核の巨大ブラックホール(巨大質量)
(3)宇宙初期で生成されたミニブラックホール(未発見)

las********さん

2010/10/1700:18:49

根拠はないですっ!

ブラックホールという名の集団幻想を見ていますっ!

まあ、見えないんですがっイノシシ星雲

oce********さん

2010/10/1620:50:49

今現在画像とかでは残せてこれがブラックホールですという証拠はないですがちゃんとした根拠の元に説明は出来るそうですよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる