ここから本文です

旦那の立場についてアドバイスください。 この夏、義父が亡くなりました。 旦那...

bab********さん

2010/10/1820:40:47

旦那の立場についてアドバイスください。
この夏、義父が亡くなりました。
旦那は田んぼ農家の長男ですが、離れた土地に一戸建てを建てて、 農業はやらないと言って家を出ました。
義父の死にともない、義弟(22歳独身)がおときの席で「私が亡き父の後を継いでこの家を守っていきます」と、これまでの義弟では考えられないくらい立派な事を言っていました。
言葉通り、義父の死後すぐの稲刈りも義弟がやり、後継ぎは義弟に決まりました。
先日の四十九日法要では、義母から長男の旦那がおときの席で挨拶するように言われ挨拶をしました。
また義母は正直、考えられないほど非常識で、親戚をはじめ皆さんに失礼なことが多く、至らない点があるでは済まされないほどで、旦那に「今後の法事もあんた(旦那)がサポートして」と言っています。でも、旦那は長男とはいえ出ていった人間です。
あの親戚と関わっていくのも家に残るのも次男の義弟です。
今後も長男だから旦那が法事等を仕切っていけばいいのでしょうか?
それとも、義父の後継ぎである義弟に任せて旦那はしゃしゃり出ずに次男に近いかたちをとるのがいいのでしょうか?
義母は何かにつけて長男だからと旦那を頼り、旦那も何も考えてません。
が、親戚の方に義弟がやるべきではないか?等をこっそり相談されています。
このことは旦那や義母は知りません。
もちろん私も旦那が出ていくことに違和感はあります。
この場合、旦那はどういう立場でいればいいのでしょうか?

補足お墓、義実家、土地等の財産はすべて義弟が引き継ぎます。
旦那は、同じ姓で長男というだけです。
義父やご先祖と同じお墓には入りません。
財産放棄済みです。
挨拶も段取りも義弟の名前で行い、旦那はお手伝いでいいのでは?と思ってますが、義母が長男長男と言い、義弟の立場は?という感じです。
それをふまえ、アドバイスお願いします。

閲覧数:
591
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2010/10/1822:46:25

本来は跡を取った次男?さんが仕切るものです。

長男さんは出ていますので、はっきり言えば余所の人。
余所の人が出しゃばるのは良くありませんので、長男さんから親御さんにその辺をきちんと伝えるべきです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pag********さん

編集あり2010/10/2123:27:46

亡くなった義父の法要は長男主宰でいいでしょう
段取りなどは跡をとった次男にさせれば良いのです

親戚の冠婚葬祭は次男が出張ればよいでしょう
ご主人は血縁の濃い親戚の葬儀や法事に行けば
ことは済むと思います。

私の兄は他府県に住んでおり既に相続権を
放棄しています。ですが父母の葬儀の時は喪主に
なるでしょう。その時は同居で家業も継いでいる私達
夫婦が全ての段取りをし、挨拶は次男の私がする事に
なると思います。

「喪主にかわりまして一言ご挨拶を・・・」という感じです
このようなことは、そこらじゅうで頻繁にあることです。
陛下と首相の間柄に似てますね。

祝い事は代参で「次男」。弔い事は「長男」。段取りは
「次男」。看板は長男が背負う。

近年、よくある事です、要らぬことを言う親戚は無視です
そこは義母ではなく次男がケアするべきなのです。
若かろうが、長男が近くに住んでいようが「次男」の裁量で
ことを進めるのです。長男をたてた形で・・・

私は親戚の法事や結婚式には父や兄の代わりに出ています
揶揄する者も居ますが、事情を説明して長男の立場を
わかってもらってます。
父母の葬儀の時には喪主を勤めてもらわなければならないし
別に暮らしていても代々の墓を受け継ぐのは兄です。
私は同居で家業を継いでても傍系になるのです。

弟が偉そうなことを言ったり、ゆくゆく所帯を持っても弟の妻に
引け目を感じることはありません。毅然と振舞ってください。

慣習は慣習でしかありません。親戚のつまらぬことを言う
方たちは減っていきます。先に亡くなります

涼しい顔でやり過ごしましょう

@最も重要なことが補足に出てくるのはよくあることだけど
そこまで段取り済んでるのなら相談することないでしょ
私は次男で土地家屋など全て受け継いでますが・・・
墓は兄ですよ。考え方は土地土地によって違うので
強くは言えませんが、「墓」までというのは釈然としません
アドバイス?いらんでしょ。もうカタは付いてます。

もう、ただの傍系です。気兼ねは要らんでしょう。

kur********さん

2010/10/1821:22:49

主人の父(以下、義父)は農家の長男でした。
家を出て教員をしておりましたが、いずれは跡を取るつもりでおりました。
が、30代で亡くなり、
家は、その当時20代だった妹(主人の叔母。以下、叔母)が取ることになり、養子さんに入って頂く形で結婚して現在に至ります。
たとえば、
義父が亡くならずに、家から出たままだとしたら?
やはり叔母が跡を取ることになったと思います。
そして、以後、叔母夫婦を跡取りとして周囲も扱い、叔母夫婦も法事にしろ墓守にしろ一切を跡取りとして当たり前にやったことと思います。

家は跡取りの采配の元にあるべきものです。
弟さんもその役割を自覚し、既に引き受けていらっしゃるのですから、
ご主人(お兄さま)は、跡取りとして弟さんを認めているということを行動で示すべきでしょう。
弟さんから「是非に」と頼まれない限り、法事等での挨拶も、弟さんがすべきです。

長男とはそもそも何か?
家父長制度があった頃は、長男しか家督相続できませんでした(古い)。
でも、現代は、違います。
家業があるお家では、家業を継ぐ人=跡取り です。

まぁ、お義母さんとしては、長男であるご主人が家を出たことが、心の底では納得できていないのでしょうね。
単純に、寂しいということも含めて。
それで、長男であることに、ことさらこだわって、いろいろおっしゃっているように思えます。
また、お義父さんが亡くなられたことで、判断力が弱っているかもしれません(=理を正して物事を考えられなくなっている)。

もちろん、弟さんがお兄さまであるご主人に、いつでも相談できる間柄であることは良いことですし、必要なことだと思います。
ご主人にとっても生家ですし、協力的であることは好ましいことですから。
でも、相談には乗っても、
あとは、babybird_skyさんもお考えになってらっしゃるように、
弟さんを立てて、ご主人ご自身は後ろから見守るのが、良いでしょうね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる