ここから本文です

よく書類で『捨印』というのを押すときってありますよね? あれってどういう時に...

アバター

ID非公開さん

2005/6/2123:37:11

よく書類で『捨印』というのを押すときってありますよね?
あれってどういう時に押すものなんですか?
たまに「ここに捨印押しといて~」って仕事で言われるんですが、正直、捨印の正確な意味をわかっていません。
今後の為にも正確な意味と使用例を知りたいので、教えてください。

閲覧数:
633
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/6/2123:40:39

個人で捨て印は決して押してはいけません。

友人の父が捨て印ひとつで「全財産」を失ったのを見ています。

契約書類などで、記載事項に変更があれば2本線を引いて訂正し、
書類の上部に「3字訂正」とか「2字削除4字追加」と書いて「訂正印」を押します。

書類を作った段階で、後日訂正が生じたときのために訂正印を事前にください、
というのが捨て印です。事務処理を迅速にという趣旨ですが、これは非常にこわいものです。

銀行や役所が悪いことをするとは思えませんけど、数字を書き換えられたり、
条件を変更されても、捨て印を押したということは、書類をどのように
書き替えても依存ありません、という白紙委任状を渡したのとおなじこと
です。あとで何をいってもとおりません。

「捨て印をおねがいします」といわれたら、「捨て印は押しません。
書類の訂正事項があったら連絡してください。」といえばいいのです。
法的には、捨て印の義務はもちろんありません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/6/2123:43:05

本人がいない時(印鑑がおせない時)字を間違えてしまって訂正する時に使います。
むやみに押さずに相手が字を間違えてしまったらもう一度書類を送ってもらい自分で確認して押せば問題ないですよ。

アバター

ID非公開さん

2005/6/2123:40:52

文書の欄外に印鑑を押すということは、危険なことなのです。

例えば、契約書の記載事項に後日文字の間違いが見つかったときに、いちいち契約し
た当事者に訂正印をもらうのは面倒なので、相手に対して、「そのページの文字を何回
訂正してもいいですよ」という意味であらかじめ欄外に印鑑を押してもらっておくわけで
す。

「捨て印」を押すということは、相手が自由に文書を訂正することができるという権限を与
えたことになります。

相手がよほど信用できる人ならともかく、悪い相手にかかった場合には、逆に「捨て印」
を利用されて、例えば、契約書に記載されている金額や期日等をどうにでも訂正される
危険性はあるということです。

トラブルを予防するためには、書類に印鑑を押す際に、「ここに捨て印を押して欲しい」と
いわれても、欄外に押すのは避けたほうが無難ということです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる