ここから本文です

クレー射撃を始めたいのですが、始めるまでの費用と『ねむり銃』に該当しない程度...

アバター

ID非公開さん

2010/10/2720:47:22

クレー射撃を始めたいのですが、始めるまでの費用と『ねむり銃』に該当しない程度で射撃をする費用を教えて下さい。新銃が買えないので、中古のベネリを考えています。宜しくお願い致します。

審査で管轄の警察官が近所に『散弾銃の申請をしている』と言いながら身辺調査をすると聞きました。本当でしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
120,784
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kud********さん

2010/10/2721:16:05

・費用について
「手続きにかかる費用」が6万ほど。「道具にかかる費用」はピンキリですが安く抑えたとして12万円くらいになります。

散弾銃…新銃で200,000円~、中古銃で50,000円~(新銃の価格、ゼロが一個足りなかったので修正)
ガンロッカー…30,000円
装弾ロッカー…10,000円
射撃ベスト…8,000円~
耳を保護するためのアイテム…イヤープラグだと150円~、イヤーバルブだと2,500円~、イヤープロテクターだと6,700円~
銃の手入れ用品
オイル(潤滑用、防錆用)…800円~
クリーニングロッド…1,500円~
ロッド用ブラシ(各口径用)…700円~
クリーニングセット(各口径用)…4,300円~
散弾銃用トランクケース …15,000円~
スナップキャップ(空撃ちケース)…1,500円~

初心者講習会申込み…6,800円
教習射撃資格認定申請…7,900円
教習射撃用火薬等譲受許可申請…2,400円
教習射撃の受講料…25,000~30,000円
銃砲所持許可証申請…9,000円
火薬等譲受許可申請…2,400円

参考文献:吉田銃器Webサイト「クレー射撃を始めるために掛かる費用」
http://www.yjl.co.jp/yjl/clay/cost-start.html

・眠り銃について
以前、「狩猟界」という雑誌に掲載されていたコラムというか寄稿に、「3年間、一度も撃たなかったとして眠り銃と見なされ所持許可が取り消しにされてしまった。しかしその3年間のうち一度、こういう形(すこし変わった形式)で射撃場で撃ったことがあり記録もある。この取り消しは無効だ」と訴えるものがありました。3年間で一度しか撃たないのも一度も撃たないのも五十歩百歩にしか思えないんですが、少なくても警察的には3年間撃ったことがあるかないかが一つの判断目安になっているようですね。

・身辺調査について
これは既に所持している身では分かりませんね。「つい最近、新たに所持許可を取った人」が運良く現れると良いんですが。自分の時は、一応調べはしたんでしょうが後で近所の人と会話をしても自分が銃所持してるなんてことは全然知りませんでしたし、普通に考えればそんなことを周りに吹聴するのは明らかに危険を増す行為にしか思えないしで、噂はあるけどそんなことやらないよと安心させてあげたいところなんですが。ただ、身辺調査自体はキッチリとやってるみたいですね。調査票みたいなものをウッカリ見ちゃったことがあるんですが(だって、見えるところに起きっぱなしにして奥に引っ込んじゃうんですもの)、そりゃもうこんなことまで調べてるのかって感心するくらい調べてましたよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「クレー射撃 費用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a16********さん

編集あり2010/11/300:03:16

昨年12月から猟銃所持者の不審行動に対する通報制度が施行されました、周辺住民にあの人は猟銃を所持しているから不審な行動を見たら匿名でもいいから県警もしくは所轄に連絡して下さいとビラを配りますよ。
ビラを渡す人は誰が良いかと聞いてきたので畑を挟んで隣にある本家に渡すように言っておきましたが、本当に渡してました。
今までなるべく隠す事で盗難等の被害を減らそうとしていたが佐世保の一件で方針転換しバレてもいいから所持者がいる事を教え、通報により猟銃を取り上げる事が出来るようにするとの事です。ちなみ私の現住所は大阪です。
ちなみに私の会社に警察署から電話があり「あなたの部下の○○さんは猟銃を所持しようとしてます、○○さんは職場ではどのような人物ですか?」とハッキリと聞いてきたそうです。私は所持する旨を前もって報告していましたので特に問題はありませんでした。事実ですよ、私の家の近所は左隣りが親戚、、右隣りは畑、向えは駐車場、裏が私の家の離れと付き合いのある親戚ばかりなので警察が誰に聞こうか困っていました。
担当者によりますがあなたと仲が悪いもしくはあまり付き合いが無いご近所さんに聞きにいこうとします。
理由はその方があなたの悪い面を聞ける可能性があるからです。

dai********さん

編集あり2010/10/2921:27:54

射撃に「ベネリ」を使う初心者は殆どいません。見学に行けば分かりますが殆ど「ペラッチ」「ベレッタ」「ミロク」「SKB」の順番です。
(ただし、国産は海外での評価ゼロです。)

眠り銃は、所持後3回目の誕生日の約2ヶ月前に1ラウンドつづ合計2回(2日間で)練習していれば法律的には問題ありません。
更新書類の申請書には「一番最近の使用実績」を2回書く欄が有りますので2箇所共記入します。
ただし、毎年春に行われる「一斉検査」にも1箇所記入欄が有りますので毎年春先に1回と、更新誕生日前に2回がお勧めです。
(3月、4月、5月生まれの人は最終狩猟日を2日記入でOKです。)

身辺調査に来ますが自宅に来ました。
「隣の誰それさんが今から銃を所持します」と、隣近所に聞き込みには行けません。何故なら「親子兄弟にも保管場所」を教えてはダメと言う事になってますから。

後は、所持するまでの経費(約¥50万)と所持後の経費(年間約¥10万)が必要ですので私は「海外射撃ツアー」をお勧めします。
(ライフル、拳銃、マシンガン、散弾、空気等々撃ち放題ですし)

同僚や、従兄弟、同級生、等で将来所持したいのでアドバイスしてくれと良く言われましたが、ハンターは獲物の取り合いで年中喧嘩ですし、射撃マンは大会のたびに足の引っ張り合いです(特に「日本クレー射撃協会」)。
(「日本クレー射撃協会」とは内部分裂している協会の事ですので一度検索有れ)

仮に所持出来たとして射撃場に練習に行くと思いますが、射撃場には初心者より常連の方が多いので殆ど相手にされません。
ラウンドも一人ポツント練習するはめになります。(都会ほどその傾向が強いです)
親切丁寧に教えてくれる射手などいません。居たとすれば「講釈先生」です。

大きな銃砲店は「射撃のプロ」も預かってますので定期的に開かれる射撃大会で射撃を勉強する事です。


せめて「都道府県」が分かればお勧めの「銃砲店」や、「射撃場」を教えれます(経験談ですけど)。
銃砲店は売り上げ低迷で青虫吐息ですので「新品」を売るはずですので気を付けて下さい。
全国的に射撃場は毎年1箇所は潰れてますが「お客を育てない」のが原因です。
例えば「此処は公認射撃場」なので「公認の服装で練習せよ」(青森県八戸射撃場)とか、
「大会終了後に練習できますが?」と従業員にお聞きしたら「スケジュル表渡してるのに何故分からないの」と、言われた。
自宅から何百Km離れている射撃場に初めて遊びに行ったのにスケジュール表など有る筈無い。(埼玉県百穴射撃場)

もう既に潰れた射撃場の従業員ですが「お客を怒鳴る」「お客を泥棒扱いする」「お客を叩く」「売り上げをパクる」等々悪さばかりしている人が居ました(米軍三沢基地の近く)。
今年の7月にも「兵庫県姫路射撃場」が閉鎖したと聞きます。(相当放漫経営だったと聞きます)
全国的に「県営射撃場」は一時閉鎖中が多いです。(何故でしょう。)

「猟銃所持者」は、どんな人間が多いのか分かりますので一度「知恵袋」で検索あれ。

私はハンター人口の比率多い田舎に住んでますが、初心者の「猟銃所持者」は殆ど3年以内に辞めてますし、毎年猟友会メンバーが1割弱づつ減ってます。(今現在市民が5.3万人居ますが所持者は70人弱です。)

私は、二十歳から16年間所持してますが私より年下は一人も居ません。

全く関係無い話ばかりで申し訳有りませんけど。

あと、
日本一勉強になるコラムですので全部読んで下さい。
(数ヶ月必要でしたけど私は全部読みましたし、中古のベネリを此処で購入しました)
http://www.fareast-gun.co.jp/goroku/

mot********さん

2010/10/2915:15:28

素行調査は何も最近始まったことではなく、20年以上前にうちの社員が私の勧めで申請した時には御丁寧に私に迄その調査が来たことがあります。その時は私がソノコトの当事者であることが分かっているので、私の方からアアそのコトであればワタシが原因ですドウゾヨロシクと申しますと大変円満に進みました。そういうもんなんです。
身辺調査にもいろいろあり、当初の出方で随分違うのですが、申請をしている、と吹聴し乍ら巡ることはありません。
だから余計に不都合なのです。そういう明確な何かがあれば、聞かれる人もそれなりに考え、対応することが出来ます。普通の人なら、知らなくても、そういう資格があるのね、程度でしょう。
しかし、例としては、余りこういうことに不馴れか口下手な巡査さんが、「あそこのダレさんはふだんどんなことしてます?」などと見えたというのがあったりします。そもそも知らなければ「知りませんそんなひと」と言われてしまう訳ですが、それが負と出るのがどうやらこっちのようなんです。
聞き回られない例も多いんです。私もそうなんですが、元々の始まりが、仲間に誘われ、「やらされ」る環境で役割を負っていくとなると、コミュニティそのものがはっきり存在する関係で、それが後ろ楯となっていくのです。あなたさまのように、ナニと決めて「購買」の許可を得ようとする場合と比較すると、調べの方向自体が違って来るものなんです。
眠り銃に関しても同じことなんです。もう書面で証明される物事程度しか、その人と銃とのつながりが見定められぬとなると、本来3年に一度でも動けばいい、といわれそうなことでも、毎年の検査の都度、或いはことあるごとに立ち寄りを受けて迄、様子を聴かれ指導されするものでもありますが、行動パターンや活動内容などが、本人や周囲をほじくらなくても方々から自然に聞かれるような人であれば、何も必死になって未使用だの不使用だのと追い回す迄もないものでもあります。実際に持って後周囲の所持者に聞く機会が出来れば分かると思いますが、人により大分対応が違って来るもんだというのはそういう理由からなんです。
クレー射撃をするとなると、標的射撃用途で申請することになるのですが、ベネリを持出す場合、将来狩猟をすることを目している、とするか、スキート射撃をする、ということが暗に求められます。トラップ射撃は右側に排莢する銃は使えないルールですから、窓口官に示唆や教導を受けることも多くなっています。こうした、良く分からないで持とうとしている様子も、聞き込みや立入検査を細かくしていく要因に繋がりますし、長い審査期間を取る元ともなります。
銃は、実際使っていきますと、何が欲しいだけではどうにもならない事態に多々出くわします。その都度適したものに入れ替えていくのは致し方ないことなので、許可制度はそれに向けて整備されています。逆に、コレを持ちたい、ということには全く対応していないのです。
申請時は面談も兼ねますので、その時に、誰に誘われ、或いは何から興味を持つようになり、どういう予定で活動を進めて行きたいのか、ユラユラせずにハッキリ自ら語れることが肝要です。
費用については教えて下さる方が既にいらっしゃるので参考に為さって下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる