ここから本文です

ギブソンフライングVのカスタムショップ以外の現行モデルで、フェイデドという色が...

yas********さん

2010/10/2905:55:48

ギブソンフライングVのカスタムショップ以外の現行モデルで、フェイデドという色があるようです。白いのと比べてかなり値段が安いようですが、色の他になにか違いがあるのでしょうか。

また、レスポールやSGなどは、スタンダードとかカスタムとかのモデルがありますが、フライングVはそういうのありますか。

閲覧数:
670
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

タマリンさん

編集あり2010/10/2907:22:00

フェイデッドはヴィンテージが経年変化でサラサラした手触りになったようにしてあるものです。通常は上からラッカーでピカピカの塗装面にするので、下地だけの分安くなっています。あと、付属品もハードケースではなくソフトケースだったと思います。
フライングVはグレード分けではなく、大抵が○○年モデルという分け方になっています。

質問した人からのコメント

2010/11/2 09:45:30

ご回答有難うございました。
ベストアンサー選ばせて頂きますが、もう一方のかたも詳しいご解説有難うございました。
確かに実物を見ると、フェイデッドはちょっと安っぽく見えますね。あと、ハードケースは重要です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

Marcy_723さん

2010/10/2909:34:05

色、ではなく“仕上げの違い”ですよ。

ギターのボディって普通はピカピカに輝いていますよね?
あれはクリア吹付け⇒研磨という工程を何度も繰り返し
風景が映り込む綺麗な艶を出しているからです。

フェイデッドはその工程を少なくした《艶消し仕上げ》という意味で
作業工程が少ない=製造コストが減る、となるので価格が安いのです。
他の方が言われているように、ヴィンテージギターの塗装表面が
経年変化で艶が落ちてきたような雰囲気を出すのが目的のようですね。
楽器屋さんで実物を見比べるとその違いはハッキリと実感できますよ。

バリエーションモデルに関しては先の回答者様の投稿を参考にして下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる