ガン保険に入ろうと思いますが、どれがいいか分かりません。オススメのものがあったら教えてください!

生命保険1,741閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、丁寧な回答ありがとうございました。特に分かりやすく回答してくださった方をベストアンサーにさせていただきました。みなさんのご意見を参考に選びたいと思います。

お礼日時:2010/11/6 12:30

その他の回答(4件)

0

そもそも、がんと言う病気について理解を深めましょう。①男性で2人に1人 女性で3人に1人の割合で罹患すると言われている。②がん細胞は1日に5000個作られる。③がん細胞は分裂をしても、分裂したほうの細胞わ死なない。④遺伝とは全く関係無い。 このように がん は誰にでも罹患する可能性があると言うことです。 そこで、がん保険が登場した訳ですが、 いろんな補償がありますよね。診断一時金や、がん入院日額補償、手術給付金、そして、先進医療費用給付金などなど… 今や がんもリスクマネジメントする時代です。 リスクをきちんとカバーする必要がありますよね。 第一に 自分の病気は治るのか 第二に いつ治るのか 第三に お金の事 医療費は 収入は… 医療格差は地方に行けば行くほどあります。病院によって 治癒率が違うんです。 自分がかかってしまった病気に強い名医に出会わなければなりません。果たして自分で見つけられるでしょうか? それと、入院日数が減少しているにも関わらず、医療費は上がっています。がんであれば、オペの他に 抗がん剤治療や免疫療法など、かなり高額になります。 このように、がん にかかると様々なリスクが発生してしまいます。 そこでがん保険の登場ですが、上記の事を しっかりとガバーできないと、万全の補償とは言えないのではないでしょか? これをきちっとカバーできる保険は あります! 富士生命のがん保険は これらを網羅していると 思います。 一度 きいてみて下さい。 きっと 悩みが解決すると思いますよ。

0

そもそも、なぜガン保険に入ろうと思ったのですか? ①一時金 ②入院無制限 ③手術 ④死亡 以上の点だと思われますので、注意点だけお答えします。 ①~③については、すべてのガンに対応してるかどうか(上皮内ガンなど金額の差がないか) ④については、普通死亡かどうか(ガン患者は、合併症によりなくなりますので、ガンで死亡は要注意) 結論からいうと、わざわざガンのみしか対応しない保険よりガンを含む医療保険(一入院制限なし)+死亡保障(重度障害保障)の ほうがベターといえます。 お金にゆとりがあればプラスして考えてみては・・・・

0

東京海上日動あんしん生命のがん保険に入っています。 診断給付金がどの部位とか関係なく満額支給されるのと、入院でも通院でも保険料が支払われるのがいいな~と思って契約。 上皮内がんだと給付金が少ない保険もあるので、気になった保険があったらよく調べて加入したら良いと思いますよ。

0

(1)アフラックのガン保険f(フォルテ) (2)オリックス生命のビリーブ (3)東京海上日動あんしん生命のガン保険 あたりが良いかと思います。 (1)アフラックはがんと診断給付金が1回のみですが、治療後のサポートとして通院や年金(5年間)まで出ます。 がんは、治療後も結構お金がかかりますので、初回のガンで徹底的に保障するのが特徴です。 (2)(3)こちらは診断給付金が複数回でます。 但し、診断されてから2年は出ないとか、退院後に2年たたないと出ないとかありますので、要確認。 複数回の条件が各社違うのです。 (1)すでに診断確定したがん(原発がん)が治療によっていったん消え、その後初めてがんが再発したとき (2)原発がんが他の臓器に転移したとき (3)原発がんとは関係なく、がんが新たに生じたとき (4)2回目のガンは治療の為の入院を開始したとき というような条件があります。これが全部だったり(2)のみだったりしますので、要確認です。 ここで問題点ですが、 (1)の再発ですが、最初のがんが治療がおわらなければ、再発しても一切出ない。 がん治療は何も手術だけではなく、その後に放射線治療や抗がん剤治療などで結構長い期間治療をすることが多いです。 (2)まったく違う臓器に転移した場合はいいのですが、例えば、右肺から左肺へなどと肺や腎臓のように複数ある臓器の場合は同じ臓器とみなすので出ません。 (3)がんが1センチになるのに15年はかかるというがんの専門医もいます。 ですので、別にできたがんが初回のがんよりも実はできていて、悪化するスピードが単純に遅かったのか、それとも本当に新たにがんが発生したのか、専門医でも判断が難しいところです。 そうなると、がん保険加入前にすでにがんがあったので、その部分は出ませんという判断を下す保険会社もある可能性があります。 (4)がんも場所によっては通院で直す場合もありますので、2回目のがんで入院がなければでません。 というように、複数回でも無条件でるのではありません。 しかし、複数回でるのは条件的ではありますが、魅力的でもあります。 しかし、実際に転移などの時などは、精神的に不安だったりします。そんな時に出ませんと言われたら、さらに精神の悪化をまねかねませんので、無条件では出ないという事をきちんと理解して検討すべきだと思います。