ここから本文です

オイルショックでのトイレットペーパーや砂糖

kin********さん

2010/11/122:50:59

オイルショックでのトイレットペーパーや砂糖

昔にオイルショック(石油危機)が起こったじゃないですか。
その時に石油と関係の無いトイレットペーパーや砂糖が大量に無くなって主婦が買い求めたそうじゃないですか?
なんで石油と直接関係無いのにこの上の二つの商品が必要になったんでしょうか?
トイレットペーパーは木から作られますし、砂糖はさとうきびから作られるのに…。
不思議でなりません。誰か教えてください。

閲覧数:
678
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vxx********さん

2010/11/122:57:28

紙を作るにも砂糖を作るにも機械を動かしたり熱を加えるには燃料が必要です。
もちろん材料を運搬するにも製品を運搬するにも燃料が必要です。
運搬は人力でもできますが機械を人力で動かすには無理があります。
最も使用頻度が高いのが毎日使うトイレットペーパーだったんでしょうね。無くなるかもしれないってデマが流れて客が殺到して品薄になって生産が間に合わずなくなってしまったってのが本当のところなのではないでしょうか。
つい最近発生した新型インフルエンザパニックによるマスクの品薄状態も同じようなものです。

質問した人からのコメント

2010/11/2 20:19:17

なるほど。良く分かりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hel********さん

2010/11/123:04:32

紙を生成するのには大量の熱湯を必要とするそうです。
水を温めるために大量の石油を燃やす必要があった、ということだそうです。
砂糖もその生成の過程において、熱を利用するところがあったのではないでしょうか。

les********さん

2010/11/123:03:23

うわさがうわさを読んだ民衆の行動が起こした現象です。

実際には当時は今みたいにPOSによる在庫リアルタイム管理も、宅配による即日・翌日配送の仕組みもないため、問屋とか倉庫にはかなり数があって、日本全体では欠乏していなかったとも言われています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる