ここから本文です

食品表示(添加物の表示)について質問です。用途が2つ以上の添加物の表記はどの...

coo********さん

2010/11/217:16:01

食品表示(添加物の表示)について質問です。用途が2つ以上の添加物の表記はどのように表示すればいいのでしょうか?

たとえば、ケーキを作る場合です。あるメーカーのAという添加物製剤とりんご果汁を使うとします。
Aの中にはグリセリン脂肪酸エステルなどの乳化剤と、pH調整剤としてクエン酸が入っています。
りんご果汁の中にもクエン酸が使われておりこちらは酸味料(クエン酸)となっています。
この二つを使ってケーキを作った場合、クエン酸の表記はどうなるのでしょうか?
酸味料とpH調整剤両方で表示したらいいのでしょうか?

補足例でクエン酸を出しましたが、実際には亜硫酸塩の表記で悩んでいます。漂白剤と酸化防止剤両方の用途で使用しています。
その場合は漂白剤(亜硫酸塩)、酸化防止剤(V.C、亜硫酸塩)のように二回表記しないとだめでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,431
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hin********さん

2010/11/523:55:32

今回の場合、食品衛生法に係ってきます。
通常、食品衛生法は各保健所により若干見解が異なってくる場合がありますので
基本的には事業者の最寄りの保健所へ確認されることをお勧めします。

そのうえで、一般回答を行います。
キャリーオーバー扱いしないのであれば、「漂白剤」のために使用されている
亜硫酸塩と、「酸化防止剤」のために使用されている亜硫酸塩の量を比べて
用途が大きいほうにまとめちゃってOKです。

ただ、漂白剤はキャリーオーバー扱いは不可ですが、この場合の酸化防止剤は
キャリーオーバーになると思いますので、「漂白剤(亜硫酸Na)」とするのが
ベストだと思います。

ちなみに、こんな会社もあります。民間ですが・・・。
http://www.wakiaiai.co.jp/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tiy********さん

編集あり2010/11/410:37:27

クエン酸の表示方法でお悩みのようですが、クエン酸という言葉が2回使われると言うような事が気になるのでしょうか??
pH調整剤も酸味料も、クエン酸と表示する必要はありません。
表示するのなら、『pH調整剤』と『酸味料』と表示しましょう。

それとも、キャリーオーバー関係でお悩みですか?
添加物製剤に関しては最終製品に作用するかどうかの判断材料が不足しているのでなんともいえませんが、りんご果汁の酸味料は表示が必要になりますね。

補足読みました。
通常、添加物製剤は主剤と副材で構成されているものです。
漂白剤や酸化防止剤が副材に当たるものであれば、キャリーオーバーにしてはいかがでしょうか?
なお、主材と副材についてはメーカーに問い合わせてください。
表示が必要であるのであれば、法規に従い漂白剤(亜硫酸塩)、酸化防止剤(V.C、亜硫酸塩)ときちんと表示すればいいと思います。
どうしても不安であれば、保健所に問い合わせてみてください。

jin********さん

2010/11/221:50:00

原材料 添加物は必ず量の多い順に表示して下さい!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる