ここから本文です

格差社会の何が悪いの?

dok********さん

2010/11/310:06:08

格差社会の何が悪いの?

出来る人間が評価され、所得高いのは当然だろ?
だから努力しようとするじゃない。
出来るやつも出来ない馬鹿も平等になんてありえない。
己の能力が低くて所得が低いことを社会のせいにするなよ・・・
努力しなかった奴が、自分に都合のいい社会を作りたいだけだろ

閲覧数:
835
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u7m********さん

2010/11/310:49:01

ある領域を限れば「出来る人」「出来ない人」の差は歴然ですよね。こんなことは子供の時から誰でも認識してる。どんなに頑張っても足の速い子、遅い子はいる。計算は速いが漢字が読めない子、歌はうまいが絵は下手な子、それぞれです。東大出てもオリンピックには行けない。
そんなことは十分に分かってるのに、収入の格差だけは許せない。。。これは無理がありますよ。ただ、昔は勉強ができなくても相応の職業はちゃんとあった。身体の強さや手先の器用さで飯が食えた。でも今は全部機械が物を作るから、人間に求められる能力は頭脳と器量だけになった。しょうがないから半分以上は大学に行くけど、高校の数学もロクにできない連中が知的職業に就いても無理。昔だったら農林漁業や物作りの職人で若い人をいくらでも吸収できた。
要するに、現代社会は人間の個性や能力に見合った幅広い職業が得にくい時代なのです。後進国に元気があるのはまだそうした職業が健在だからです。
難しい時代だとは思います。でも、病気や障害で働けず、最低限の生活も困難な人達を支えるという問題とは次元の違う話ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koi********さん

2010/11/515:40:59

トロイ質問バカ丸出し

mas********さん

2010/11/514:31:16

ゆとり教育がもたらす横並びの社会。みんな同じ給料貰ってみんなで出世。ゆくゆくはみんな社長……日本の未来は明るいか?

ken********さん

2010/11/323:35:19

まず、結果としての格差は決して悪ではありません。
これを否定すると、理論的には共産主義しか答えがなくなります。

ただ、機会に関しては平等でないといけません。
つまり、お金が無いから教育を満足に受けれない、
部落差別のように、本人になにも落ち度が無いような事で
物事が決定されるというのは、あってはなりません。

その上で、競争を行うのは、当然であり、
収入や生活水準などで格差ができるのは正当なものです。
ただ、その中でも再チャレンジできるような仕組みは必要です。

ただ、最近の失業・再就職の困難うんぬんは、本人の意識の低さも影響があると思う。
私自身この3年間で3回職を失っているが、
どれも3~4ヶ月程度で再就職できている。(決して若くはないです。いま38歳)
自分の能力をわきまえず、高望み・選り好みしすぎているとしか思えません。
そういう人と、真剣に生きている人と、同じ境遇である必要はありません。

yas********さん

編集あり2010/11/319:37:58

確かに、古代から格差の問題は存在しました。貨幣が存在するときからといってもいいでしょう。

日本社会は、1960年代までは今以上に格差が広がっていました。ただ、高度経済成長の時代(1950年代~70年代半ば)には貧しくても、一生懸命働けば何とか生活できるという風潮はありました。だから、地方から来た若者たちが中学や高校を卒業したのち、右も左も分からない東京や大阪に来て苦しい中歯を食いしばって働いて賃金が上がったり店を持てたり、中小企業の経営者になったりするなど、ある程度の豊かさを享受することが出来たのです。
(内実は終身雇用制度維持の影で、女性労働者や日雇い労働者が不況になると、いつも雇用調整の犠牲になってきた)

しかし今の貧困問題は深刻で、OECDの調査でも、日本の大企業と中小企業の格差、夫婦と子ども二人の家庭と、母子家庭の格差は深刻であると指摘しています。さらに親が貧困に陥ったら子どもも貧困に陥りやすくなる貧困の固定化や学歴が低い人々だけではなく、大学院生、つまりポスドクの就職も難しくくなり、いわゆる高学歴ワーキングプアの問題も深刻になってきています。(社会経験がないという理由から)

それだけではなく、新卒で就職できなかったり、一回でも会社を辞めてしまうと、正社員になることが難しく、特に氷河期世代に人たちは、正社員になることが出来ずに派遣社員やパート、フリーターしか見つからないと言う問題も起きています。(新卒至上主義のツケ)
また女性の場合、結婚などの事情で会社を寿退社をしてしまうと再就職が難しく、パソコンや経理などの能力や経験を持っていても、パートしか就職先がないのが現状で、たとえ職業訓練を受けたとしてもその現状を変えることが出来ない状況です。
つまり、現在の貧困や格差問題は、元々女性や日雇い労働者だけが雇用調整の対象になっていたのが、若年労働者やさらには一家の大黒柱にまで雇用調整の影響が及んでいるのです。

確かに努力すれば世間の評価を受け、それに伴って生活も豊かになるというのは事実です。しかし、その競争はフェアでなければならず、そこには、ワーキングプアのように一生懸命働いても生活ぎりぎりの収入しか得られないという問題や、豊かな生活も努力というよりはコネや運、要領のよさで這い上がることは、あってはならないのです。

だから実力で這い上がれるシステムを作ることが必要で、そのためには終身雇用制や年功序列制度の見直し、職能給から職務給への転換、年齢や性別での格差や採用の撤廃、正社員と契約社員、フリーターを同じ土俵に立たせて勝負できる環境づくりをしなければ、実力主義とは言えないのです。

さらに、今の30代や40代のサラリーマンはその前の世代の人より生涯収入が約3割低下するという経団連や経済産業省の調査結果も報告されています。(実際、日本テレビは2008年に入社した社員から、給料を3割カットすることを決定し、次いで現在の社員もそれと同じくらい削減する予定) つまり、いつ就職したかによって賃金やに不公平が起きている、これがフェアな環境と言えるでしょうか。それなら、1989年にあらゆる年代の社員を成績に応じて一律に解雇したIBMのやり方ほうがまだフェアでしょう。

あなたは一回でも転職した経験はありますか。もしあるのなら、ハローワークや他の人材センターなどで、必死な思い出探している人たちを見れば、このような質問はしないはずです。わたしも会社の都合で解雇され、半年間これまで数十か所に履歴書や職務経歴書を書きましたが、4か所で面接を受けられたことを除けば、後は履歴書やハローワークの紹介状を会社に送っても門前払いされ続けています。
あなたは転職の経験を1回もしたことがないので、このような質問が出来るのでしょう。あなたがもし何がの事情で仕事を失って、ハローワークに頼らなければならなくなったときに、就職活動している一群の人々を目にする時、この質問をしたことの愚かさに気づくでしょう。

gim********さん

2010/11/313:19:55

共産党以外そんな事言ってないよ。中国でさえ格差があるじゃん。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる