ここから本文です

盛り塩について 気のせいかもしれないのですが、盛り塩をしてから、悪いことが...

yob********さん

2010/11/714:35:21

盛り塩について

気のせいかもしれないのですが、盛り塩をしてから、悪いことが起こるんです。。
わたしは、ひとり暮らしをしてまして、北西に玄関があり、占い師から盛り塩をおくと運気がよ

いとアドバイスをうけたので、前にも一度置いたら、気のせいかと思ったのですが
ありえない仕事のトラブルに巻き込まれてしまい、そのときに、盛り塩がきになったのでとりやめました。
また、部屋をきれいにしたのもあり、盛り塩をもう一度置いてみようと思い置いたら、また朝から仕事のトラブルだらけなんです。。
やっぱり盛り塩が原因なんですかねー。
なんかわかるかたいらっしゃったらアドバイスをお願いします。

補足回答本当にありがとうございます。
補足ですが、私は女性です。九紫火星です。
仕事は、経営者ではありませんが、営業の仕事をしています。
それなりに、重要なポジションにいる仕事です。
あと、ついでに、北東に浴室と、西南のトイレにも併せて盛り塩をおきました。
以上回答を是非ともお願いします。

閲覧数:
29,532
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aom********さん

編集あり2010/11/720:19:23

補足について

女性、
重要なお仕事ポジションとのお話、
ありがとうございます。
乾は、大事な、男なら大黒柱に当る場所。
仕事なら重要なポジションです。

そこに、盛り塩の影響は、風水によく合っています。

塩は、基本は吉です。
特に、白い丸いお皿に盛り塩は、氣を吸収します。
(ただ、◯◯さんの場合、
乾(重要な仕事・地位)のエネルギーを塩が吸収(奪う)形で、
吉の塩が凶の塩に転じる形です。)

風水では、塩が北西玄関(=氣の大事な入口)のエネルギーを奪う形です。

なぜなら、
塩は、水のエネルギーだからです。
特に、塩は、水で、陽でもあります。
塩は特に極陽と言って、陽の中でも一番の陽。
(お葬式に、塩は私たちの習慣。よく知られます。
これは、陰の氣を塩(陽の氣)で散らす働きです。
塩は、そういう働きがあります。)

陰をよく吸収するのが塩です。





実際の
トラブルは、仕事ですか?

ご結婚されていないようなので、
もし仕事以外のトラブルなら、健康面もあり得ます。

もし、健康面のトラブルなら
頭、腰、肺、首、肩のいずれかに盛り塩。

恐らく
・ 肩が辛い、か、
・ 大腸が弱い、
と仮説です。


形、素材、色、
みな、五行(5つの要素)に変換すると、それは、エネルギーの流れです。

簡単な対処は、
体験なさったように、
◯◯さんの場合、
塩は玄関には、止めた方が吉と仮説です。


ちなみに、
実際の風水(間取り図&磁北と地形と)が分かりませんが、
恐らく、トイレの影響もあります。トイレの塩は吉と、仮説です。



以上、
補足に対して、です。
お返事、ありがとうございます。大変参考です。





易、風水の初学者です。
勉強させて戴く形で恐れ入ります。

ご本人が女性とすれば、

推断

・ トラブルは仕事
・ ご本人は、経営者か幹部のような重要なポスト

ご主人がもし、あれば、

・ ご主人にトラブル

もし、そうだとすると、盛り塩の影響と仮説です。



もし、推断が当たっていたら(可能なら間違いも)、教えて頂くと嬉しいです。
勉強させていただくチャンスが増え、嬉しさあっぷ。
(推断が事実と対応すると、易学の秘密を少し理解でき、
ルール化するチャンスを得ます)
もし御協力頂ければ嬉しいです。

質問した人からのコメント

2010/11/8 00:39:55

すごい参考になりました!!どう考えてもいきなり塩を置いた日に仕事のありえないトラブルが続いたので、頭に浮かぶのは塩が原因のように思えてなりませんでした。しかし、占い師や風水では塩は邪気をはらうものだと思っていたので腑に落ちなかったのですが、すごいaomo168さんのご意見に納得し、即効玄関の塩は捨てました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sen********さん

2010/11/719:23:09

塩が悪い気を吸収しているので、洗面所やトイレに流すと再び部屋に拡散するので、生ゴミとして捨てるように言われました。

so_********さん

編集あり2010/11/715:41:53

文面を読んだ限りの情報だけで判断させて頂きますと
どうも、原因は少し違うところに有るようにお見受け致します。

盛り塩は、玄関ドアの外の両側に置いてますか?

朝、出勤時に玄関ドアの外に置いて、
夜帰宅された時に、玄関ドアの内側にしまって下さい。

盛り塩の、そもそもの起源を知ると
その意味が分かります。

平城京前後の時代から、馬が一般的になるまで、主な交通機関は牛が引く牛車でしたので、

誰かの家を訪ねると、
牛車と、
その牛車を引いてる牛と、
牛を引く召使いは
ご主人が、訪問先の家を出てくるまで、その家の前で、ひたすら待っていました。

その際、
大切なお客様を乗せてきてくれた牛をねぎらうために、
お客様の牛車を引いてきた牛に、自由に舐めてもらうために
あの頃の時代の家の門の両側には、デカイ岩塩の塊を置いていました。

それが、今の盛り塩の起源です。

(※牛は、とにかく塩が好きで舐めまくりますからね。)

つまり、
『当家にとって大切なお客様、Welcome!!』
という意味なのです。

夜更けに来るのは、おおかた、あまり歓迎しないお客様ですからね。


それから、
毎月15日と1日には新しくして下さい。

新しくした時に下げた古い盛り塩は、半紙などの真っ白い紙に包んで、
川か海(流れのある水)に流して下さい。

川も海も無い時には、紙に包まず、台所かトイレに流して下さい。

とりあえずは、
上記の点を実行してみて下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる