ここから本文です

本は表紙で良書か分かる?

ipp********さん

2010/11/921:26:02

本は表紙で良書か分かる?

+ + +
人は外見だけで判断出来ない。
この言葉は、大方理解出来ます。

では、本に関してはどうでしょうか。
僕が前々から感じていた事なのですが…
表紙の良い書物。それを買うと、
あら不思議!中々の良書という事が多いのです。

一方で、表紙が「なんやこれ」というのがあります。
まず目次を見てみましょう。
次にパラパラめくってみます……おやまぁ。
という事で本は元に戻し、自分は足早に去ります。

以上はちょっとふざけてしまいましたが、
表紙が良い本で、僕はハズレた事がありません。
・何が良書の基準になるのか。
・表紙が「良い」とは何か?
・全文読まねば良し悪しなど分かるか!
・そもそも良いの判断は人それぞれだ。
こういった点は問題となりますが、今回は置いといて。

装丁が他者のデザイン、
というパターンは少なくありませんが、
表紙には何か、著者の意気込みというか、
気力のようなものが浮き出るんですかね?
もちろん例外はあるにしろ、
表紙のデザインで甲乙が読めてしまう、
そんな経験も少なくなかったのです。(あくまで僕は)
まぁ画像をご覧下さい。
下らないものではありますが、
僕の言いたい事が何となく伝わるでしょうか。
何となくこんな感じ、を想定したものです笑。

皆さんはそんな経験、また意見はないですか?
こう思うのが僕だけでないと信じたい…


※表紙が統一されている文庫、
また古典作品の再版等は、今回の件には含みません。

良書,表紙,良し悪し,意気込み,再版,装丁,発行元

閲覧数:
157
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dog********さん

2010/11/921:36:58

私は本関係の仕事をしていたことがあり、私の前を数万単位で本が流れていきましたが、わかる気がします。

ただ、一つ。
表紙は著者(責任表示者)以外に発行元の編集部も関係しているので、編集部が売れると力を入れるといい表紙を作るため努力を惜しまない。(表紙デザイナーもしっかり選ぶ)

最初から『どうかな』と思っていたものは、『これでいいだろう』と推敲しない。

だから表紙に落差があると思います。


ただ日本だけですかね。他国の本は表紙に力入れてないものが多いです。装丁も酷いもので……

日本ならではの文化かもしれませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

run********さん

2010/11/1108:09:22

装丁家と言われる商売が成り立っているのは日本位だそうです。

内容ではなく表紙から入る人が多い日本人らしい現象です。

装丁には金がかかるので必然的に良作が集まるのでは?

ちなみに個人的にはあらすじと一ページ目を読んで決めます。
(文庫本しか買っていない為装丁を気にしていない所為かもしれません)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる