国民年金と税金の違いのおしえてください

国民年金と税金の違いのおしえてください なにも知らなくてすいません

社会保険12,772閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

端的に言えば、 ・年金は払ったカネが現金でかえってくるもの ・税金は払ったカネが現物でかえってくるもの(追加で自己負担がある健康保険料はおおよそこちらの範ちゅうでしょう) だと思います。 給料天引きは所得税も厚生年金も同じですし、それだけの違いですね。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

単純で良問です。敬服するばかりです。 国民年金(保険料)も税金も、国家権力により徴収されるところが似ていますネ。しかも、国民年金には半分税金が使われている。 それに、国民健康保険料でも、市区町村によっては、保険料と言い、税と言ったりもしています。 ただ国民年金は、あらかじめ、使途が決まっていますね。税金は? 一般的な税金は、国家予算を決めてから、税金の使い道を決めますネ。ただ、目的税となると似ていますネ。 例えば、国民年金保険料を徴収するのはやめて、国民年金を維持するために、新たに税金(国民年金税)を作っても良いですネ。 あるいは、国民年金保険料を払える人は自分の分だけを納付し、払えない人の給付のために、例えば、国民年金特別税というものを作り、国民全員から徴収して、国民年金保険料を払えない人の給付に回せば、税金+国民年金となりますね。 国民年金は厚労省、税金は財務省・国税局、担当の役所が違う。これは決定的ですね。社会保障のために、国民から徴収、給付する役所を、厚労省と国税局を一緒にして作る。これも面白い。 と、考えていくと、年金と税金、何が違う。。。と聞きたくなりますね。そういう哲学的な”問い”とみました。感服!感服!

4

国民年金は強制加入させられる年金制度のことです 厚生年金とは少し異なります 厚生年金は企業などに勤めている被雇用者が企業とおよそ折半で 支払う年金のことですね(たしか・・・) さて質問から察するにお知りになりたい内容は年金と税金の違い・・・?でしょうか? まず年金ですが これは年金加入者が死亡・障害などの 必要最低限の生活が出来なくなった場合に支給されるお金のために ある意味『積立』しているものです また収入が無くなった際(定年退職後など)に支給されるべく 若いうちから長期間で低額を積み立てるための物です 言い換えれば貯金みたいな物ですね (現状は自転車操業となってしまっており年金制度は崩壊していますが) 今の年金制度の実情から言い換えると 現在では少子高齢化が進んでしまい政府がその昔予想していた以上に 年金支給額(支出)の方が加入者から集められる年金額よりも多くなってしまい 過去に比べて若い加入者一人当たりの負担が大きくなっているのが現状です つまりは私たちが年金を受け取れる年齢になった際には 現在よりも更に苦しい自転車操業となっており 私たちに還付される年金支給額は私たちが支払った年金よりも はるかに少なくなってしまっているでしょう・・・と言われています(っていうか確実です) では防ぐためにはどうすれば良いか・・・ 同じ年金支給額でも物価が安く生活の楽な海外への脱出も一つでしょうが 多くの方々が生活がどうなるんだという恐怖感から現在注目を浴びているのが 民間保険会社の『養老保険』なるものです・・・ 興味があれば調べてみましょう♪ 次に税金ですが 国家を運営するためにはお金が必要不可欠です 公務員の給料・道路設備のための資金・学校などの運営 消防や救急などの資金・外交上の必要経費・等々 数え上げるとキリがないほどお金がかかります その莫大な資金を国民全員で分担して負担しようというのが 『税金』ですね 所得税・消費税・酒税・ 今話題のたばこ税・関税・等々 それらの税収を資金として国家を運営するわけですね 必要とされる支出のための予算が国家予算となります 毎年国家予算が税収だけでは賄えないので 『国債』を発行して国民に借金(返せるのでしょうか)したり 紙幣を発行して急場を凌いだり(デフレの危険と背中合わせ)と 四苦八苦の状態です その財政難を打開しようと税収を増やすために たばこ税の大幅増税、所得税減税廃止(数年前)や 果ては『消費税15%』なんて言われておりますよね しかし増税ばかりやっていたのでは国民の信頼を失ってしまいます そこでまずは、これまでの長年の様々な無駄遣いが指摘されて 税金の無駄遣いをやめようと『事業仕分け』なども行われているわけです その他にも数々の支出削減の努力がされていることでしょう しかしながらこれまでに溜まった国民への借金・・・ はたして回復の見込みはあるのでしょうか 私たちの住む日本ですから無関心ではおれません 何とか景気回復とともに政府の抜本的な改革が 成されることを切に願います・・・ お答えとなったでしょうか・・・ 長文失礼いたしました

4人がナイス!しています