IEEE1394b (Firewire800)は今後どうなると思いますか? Windowsからmacに乗り換えるまで全然使ったことのなかったIEEE1394bですが、外付けHDDケースが欲しいと思い検索したところ、種類が非常に少ないようです。

IEEE1394b (Firewire800)は今後どうなると思いますか? Windowsからmacに乗り換えるまで全然使ったことのなかったIEEE1394bですが、外付けHDDケースが欲しいと思い検索したところ、種類が非常に少ないようです。 今後IEEE1394bの製品は増えてくるのでしょうか?それとも、もう全盛期を過ぎて衰退してしまっているのでしょうか??

パソコン676閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

私もwindowsからMACに移行した人間なので、以前同様のことを考えていました。 最近のiMACやMAC PROでは、従来までの400(6ピン)のコネクタが廃止され、「800のみ搭載」になっていますので、その意味においては需要として対応製品は存続していくと思います。 ただ、windows機に一般的に搭載されているようなモノでもありませんし、転送速度だけでみれば「USB3.0の方が上」という状況から、おそらく今後数年間は、現状と変わらない程度の普及状況じゃないかと思います。 つまり、「外付けHDDケースが欲しいと思い検索したところ、種類が非常に少ない」という状況は今後も同程度に継続していくんじゃないかと(もちろんあくまで推測ですが)。 外付けHDDなどの購入に関しては、転送速度などを気にしないのであれば、800/400の変換ケーブルを購入して、6ピンのFireWire400コネクタ付きの製品を購入する...っていうのがコストパフォーマンス的にいいんじゃないでしょうか? ■参考サイト http://webdesign-ginou.com/pc/firewire800_2.html http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20378175,00.htm

その他の回答(1件)

0

どっちかというと、ストレージよりDV端子という形でデジカムからの画像データ転送に用いられているのが主流なんじゃないかって気がしないでもないです。そっち方面が将来的にも中心になるんじゃないのかなぁ。 ホットプラグストレージの領域はUSBが押さえているという感じがするし。USB3も出てきたしね。