ここから本文です

江戸時代、豪商も力士を抱えていましたか?

gan********さん

2010/11/1422:38:12

江戸時代、豪商も力士を抱えていましたか?

閲覧数:
347
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sup********さん

2010/11/1423:23:13

河合 敦監修の『江戸の遊び事典』には、
「大名お抱えの力士も多く・・・」とあります。

はっきりと「豪商なども力士を抱えていた」とは書いてませんが、「力士も」と、ありますから、大名以外の者が力士を抱えていたのでしょう。

そして力士と言えば「一年を二十日で暮らすいい男」と詠われました(一年のうち、二十日働けばその給料で一年を豪遊できた)から、大名以外で力士を抱えられるのはやはり豪商くらいでしょう。

推測のようで恐縮ですが
^^;

ただ、江戸期当初の「辻相撲(あちらこちらで自由にやっていた、興行としての相撲)」が、禁止され、相撲は「お上」の管理の下(詳しく言うと、管理者としての「お年寄り」が寺社奉行の許可を得て)行われるようになったので、金をもっていれば誰でも簡単に力士を抱えられるというワケじゃ無かったみたいです。

質問した人からのコメント

2010/11/16 23:06:23

なるほど~
たとえば大坂相撲なんかはやっぱり豪商ですかね~

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる