ここから本文です

検定試験 申し込むには申し込んだが 結局 行かなかった ということのある人は ...

nik********さん

2010/11/2023:37:43

検定試験

申し込むには申し込んだが 結局 行かなかった ということのある人は いますか?

理由 問題集が 思ったより難しく あまり進まなかった、 体調不良、 気が変わった など

それと 多少の 罪悪感、後悔等は 起こりましたか?

閲覧数:
31,474
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

編集あり2010/11/2121:36:41

資格・検定が趣味の資格マニア、資格ゲッターのfukumoto1です。
ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/fukumoto1

今までたくさんの資格や検定を受けてきました。
申し込むには申し込んだが、欠席した資格・検定は数えきれないぐらいあります。

欠席した理由としては、一番多いのは合格できそうになかったからですね。
体調不良での欠席や他にしたいことがあってそちらを優先した欠席もありましたが。

合格できそうになくても、ちゃんと受験して、不合格の結果を受け止めることが大切だと思います。
しかし、問題を解けない、不合格になるということは、なんだかとても怖いことです。
自分の勉強不足、能力不足を感じなくてはならないからだと思います。
それを受け止めることが大切だし、次につながるだろうとは思いながら、やはり、恐怖には勝てないときがあります。

その資格・検定が、簡単でなにもせずに合格できそうなものとか、難しすぎてちょっと勉強した程度では合格できそうもないものとかであれば、比較的気楽に受験できます。
しかし、ちゃんと少し勉強していれば合格できそうな資格・検定の場合は、不合格になるのは怖いですね。

今では、受験したくなくなれば、試験直前でも割と簡単に罪悪感や後悔をほとんど感じずに欠席することができます。

以前は、欠席すると、その日1日は罪悪感を感じていました。
体調不良などであればしようがないと思えますが、勉強不足それもあともう少し頑張ればというときはその日1日落ち込んでいました。
勉強不足に対する罪悪感や後悔もありますが、それでも受験するという勇気、試験中にわからない問題を解く勇気、不合格という結果を受け止める勇気がない自分のふがいなさに落ち込んでしまいました。

あと、仮病や無理すればいける程度で学校や会社を欠席・欠勤したときの罪悪感と同じようなものも感じますね。

今でもそういう気持ちが少しはありますが、以前ほどには落ち込まなくなってきています。
欠席することへの慣れからもしれませんし、自分のふがいなさをあっさりと認められるようになったからかもしれません。

今日(2010年11月21日)は、日商簿記検定1級を申し込んでいるのですが、欠席するつもりです。
今の自分では合格できそうもないからです。
試験を受けて、問題を解けないくやしさ・情けなさ、不合格になるくやしさ・情けなさを受け止めることが大切なのはわかっているのですが。
自分のふがいなさを少しは感じつつ、今日を過ごすつもりです。

罪悪感や後悔で落ち込んでいた以前のほうが、資格・検定に今より真剣に向き合っていたようにも思います。
今は資格・検定を趣味とわりきって、楽しむことを優先していますから。
これはこれで情けない気もしますね。

質問した人からのコメント

2010/11/27 18:03:38

こんなに 詳しく回答してくれて ありがとう ございました。
検定試験に 行く・行かない、 申し込む・申し込まないは 個人の自由なんだと思いますが やはり いろいろ考えたり、 様々な心情が巻き起こりますよね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hac********さん

2010/11/2023:39:45

受ける前に確実に合格できる範囲だったので、乗り気がしなかったです。
受講料を支払う手前だったので良かったですが、受講料払っていたら後悔したことでしょう。
罪悪感なんて何もないです。試験側はお金さえもらえればそれでいいですから。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる