ここから本文です

遺伝子治療とは

cae********さん

2010/11/2313:21:24

遺伝子治療とは

遺伝子治療について簡単にお教え願えないでしょうか?

ネットで色々と調べてみたのですが、難しすぎるあるいは、曖昧すぎるために消化不良です。
書籍も購入したいところですが米国在住につき簡単にもいきません。

遺伝子とはDNA上に乗っているわけで、体中の細胞一個一個にそれぞれ入っているわけですよね?
その全てを修復することなんて不可能なのではないかと思ってしまうわけです。
細胞が分裂し増えていくにしても、修復していない細胞も増えてしまうし、修復した細胞も死んでいくし・・・。
というか、ある細胞の遺伝子の一部をいじった場合、体内に異なるDNAを持つ細胞が共存することになるのでしょうか?

そもそもこの考え方が間違っているのかもしれませんが・・・。
そこで、遺伝子治療とは何か、どうやって行うのか、また上のような素朴な疑問に対する答え等、簡単にお教えいただけると幸いです。

当方、生物は超初心者(高校でも生物の履修はしていない)につき、あまり難しい説明は必要ありません。
これをきっかけに自分で更に理解を深められればと思っています。

よろしくお願いします。

閲覧数:
1,334
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pay********さん

編集あり2010/11/3013:29:23

>ある細胞の遺伝子の一部をいじった場合、体内に異なるDNAを持つ細胞が共存することになるのでしょうか?

遺伝子治療にも種類が色々ありますが、DNAをいじる形の遺伝子治療なら、ご指摘の通りになります。

たとえば、がんはどこかの細胞に後天的な遺伝子異常が重なっておきる病気ですが、がん組織のDNAは、正常組織の細胞のDNAと異なります。
この時点で、体内に異なるDNAを持つ細胞が共存しています。
このため、がんの遺伝子治療なら、がん組織を狙って遺伝子治療薬を導入しようとします。

一方、先天的な遺伝病を治そうとする場合、仰るとおり、体のすべての細胞の遺伝子をいじるのは困難でしょう。
ですので、受精卵の段階で予防的にいじってしまうか、もしくは、遺伝病が発現する臓器や組織だけを狙って、治療遺伝子を導入するなどが考えられます。

もし遺伝病が発現する臓器や組織だけを狙ってDNAをいじったら、体内に異なるDNAを持つ組織が共存することになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/11/2313:42:17

下記サイトの説明あたりが分かりやすいのではないでしょうか。
http://www.imasy.or.jp/~hsdl/mnd/gene/therapy.html

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる