ここから本文です

東京医科歯科大学 泌尿器科のHPに異議があります。膀胱鏡検査を受ける必要があり受...

han********さん

2010/11/2502:05:47

東京医科歯科大学 泌尿器科のHPに異議があります。膀胱鏡検査を受ける必要があり受診した際の医師の対応です。みなさんのご意見をお願いします。

下記のHPをみつけ受診したところ、膀胱鏡程度で入院して麻酔はあり得ないと言われました。5250円の割増も払っているので、HPに書いてあるって食い下がると、それではHPが間違っているんでしょうっていう返事でした。ほぼ、丸1日を費やし3分間医師と話し6500円程度の医療費を払い、徒労感だけが残りました。☆ただ、受付の人や、警備の人はとても親切で丁寧な対応でしたので、病院の評価は◎だと思います。

下記に泌尿器科のHPをコピペしてみました。全員とは書いてありませんが、入院も可能って受けますよね。

内視鏡で膀胱あるいは尿道の中を観察する検査です。
軟らかく刺激の比較的少ない軟性膀胱鏡と、より視野が広く使い勝手がよい硬性膀胱鏡があります(写真)。
超音波検査やレントゲン検査では見つけることができない、非常に小さい病変でも見つけることができます。

膀胱がんに対する最も重要な検査です。ほかに膀胱結石や尿道狭窄等の診断に用いられます。
特に男性にとっては刺激が強いため、あらかじめ鎮痛剤を使用して行ったり、場合によっては入院の上、麻酔をかけて行うこともあります。

閲覧数:
2,870
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2010/11/2512:47:17

先の方も書いておられますが、「入院は可能ですけど質問者さんには必要ない」ということでしょうね。

「入院して・・・」というのは膀胱癌が確定していて手術のための検査、もしくは手術そのもので内視鏡を使用する場合でしょう。
この場合は薄くなった膀胱壁が破れて急変する場合もありえるので数日は入院して様子を見る場合が多いと思います。

これまた繰り返しになりますが、基本的に治療方法は医師から適切な(効果的と考えられる)方法を何パターンか(まあ、状態によっては選択の余地が無い場合もありますが・・・)呈示してもらい、その中から患者が「自己責任で」選択するということになります。
あくまでも「患者が好き勝手に治療方法を決められる」と言う意味ではないんです。

質問者さん、あるいは質問者さんのお身内が入院を希望されたとしてもそれがとおる場合と通らない場合があるということはご理解ください。

質問した人からのコメント

2010/11/27 02:10:24

一安心 お二方のご意見を受け入れます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ber********さん

2010/11/2502:23:43

場合によってと書いてありますが、貴方はその必要がないと言う事です。保険診療では患者の希望で入院、麻酔と言う事はありません。
5250円の割り増しとは貴方が2次医療機関に紹介状もなく受診したということで、診察を受けるための割り増しであり、貴方に対する便宜供与はこそまでと言う事です。貴方の希望通りの治療を受ける為の料金ではありません。
保険外ですべて自費治療をして欲しいと言えば麻酔でも入院でも対応して貰えるかもしれませんが、当然のことですが、麻酔のリスクを全面的に自己責任で承諾するしかありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる