ここから本文です

定年退職について 父が今日で定年退職しました。今のところ再就職の予定はあり...

pec********さん

2010/11/3021:01:26

定年退職について

父が今日で定年退職しました。今のところ再就職の予定はありません。
勤続年数は35年以上でその半分以上は雇用保険に加入しているそうです。

そこで離職票を受け取ったら失業保険の手続きへ行こうと思っています。

が、疑問があります。

父が職場に失業保険の話をした所、9月に65歳になったので9月で定年で10月・11月は契約社員というかたちにしないと失業保険の手続き(離職票作成?)に不都合とかハローワークに申請を認めてもらえないなどと、よくわからない説明をされたそうです。
審査が厳しいとか…で。

雇用保険加入証は受け取っておらず、事前に雇用形態の変更は告げられていなかった事や以前、定年退職した人も誕生月の翌月の退職にされ、その1ヶ月は契約社員にしたと言われていたそうです。

雇用形態が変わると失業保険の申請や受け取りに何かデメリットはありますか?
例えば、勤続年数の数え方が変わるとか失業保険の受給額が変わるとか…受給できなくなるとか。

無知で質問もわかりにくいかと思いますが、教えてください。

閲覧数:
523
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rhp********さん

2010/11/3021:31:10

基本的に65歳以上は雇用保険支給の対象外です。しかし、それに変わって高年齢求職者給付金が一時金として支給されます。
高年齢求職者給付金の手続きは、普通の雇用保険の手続きと変わることはありません。ただ、給付金は一時金として支給されますので、基本手当のように4週間に1度、ローワークで失業の認定を受ける必要がありません。
雇用保険加入期間1年以上で50日の支給になります。
詳しくはハローワークまで確認してください。

質問した人からのコメント

2010/12/5 17:23:40

高年齢求職者給付金というのを初めてききました。
調べたところ、定年退職後、のんびりしようとしている者は受給資格はないということも知りました。
定年まで支払いをしてきて、退職後働く気がなければ雇用保険を受給できないなんて…
保険…なので仕方ないんでしょうが1度も受給の機会がない人は払いっぱなしですね。


回答ありがとうございました。

「勤続年数 数え方」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる