ここから本文です

フリューゲルホルンについて、お教え下さい。 〇フリューゲルホルンの第三抜き...

moo********さん

2010/12/913:50:06

フリューゲルホルンについて、お教え下さい。

〇フリューゲルホルンの第三抜き差し菅にオートトリガーが着いている物がありますが、 このオートトリガーはどのような時に使うのでしょうか?

〇また、何故第三抜き差し菅だけにオートトリガーが着いているのでしょうか?

〇それと、トランペット、コルネットの第一、第三抜き差し菅に着いているフック、トリガーについても、使い方をお教え下さい。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

閲覧数:
1,201
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ker********さん

2010/12/915:21:41

まず,抜差管ですが,微妙な音程を補正するためにあります。
代表的なのは,下のレ(運指で言うと1,3)ですが,この運指は高めになるので,第3抜差管を抜き音程を調整します。
トランペットやコルネットの抜差管は,ピストンに対し垂直についているので,フックで抜き差しできますが,フリューゲルホルンの抜差管は,ピストンに対して平行なので,フックでは演奏中に抜差管を抜けません。従って,レバー式のものが必要になります。


ご質問の,なぜ第3抜差管のみレバーがついているのかについては知りませんが,おそらく以下の理由かと思います。
構造を見て頂ければ分かりますが,フックに比べトリガーはパーツが多いので重量増になり,吹いたときの抵抗になります。従って,この抵抗の増加を最小限にするため,第3抜差管のみレバーをつけたものと思います。

質問した人からのコメント

2010/12/14 00:02:32

降参 ご返答有り難うございました。
詳しくお教え頂きましてとても勉強になりました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる