ここから本文です

募集設立の場合であっても、発起人は株式の一部を引き受けるのであり、発起人以外...

hit********さん

2010/12/1222:46:17

募集設立の場合であっても、発起人は株式の一部を引き受けるのであり、発起人以外の者が、設立に際して発行される株式の全部を引き受けることはできない、、、、、 らしいのですが、その趣旨はなんですか?

閲覧数:
119
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pc_********さん

2010/12/1403:27:31

発起人以外の者が、設立時発行株式の全部を引き受けるということは、裏を返せば、発起人は1株も引き受けないということになる。これは、会社法第25条第2項に違反する。

第25条第2項
各発起人は、株式会社の設立に際し、設立時発行株式を一株以上引き受けなければならない。

これは、言いだしっぺ(発起人)は、最低でも1株分の出資をしなさい、ということでしょ。

質問は、会社法の25条2項のことを聞いているの? なぜ25条2項の規定があるの? と聞いてるの?
「~らしいのですが、その趣旨は何ですか?」の趣旨は何ですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる