ここから本文です

犬が口をパクパクする行動について 長文です。

a1y********さん

2010/12/1301:44:33

犬が口をパクパクする行動について
長文です。

今年14歳になる柴犬を祖母の家で飼っています。
最近、私がケータイをいじっていると、犬がじーっと私の方を見て、空気を噛むように口をパクパクさせていることに気がつきました。
それでもケータイをいじるのをやめないと、「キューン!」と鳴きはじめます。
そのあと、声をかけてなでると鳴いたりパクパクするのはおさまります。
これは祖母が料理をしているときもやっていたそうです。
構ってほしいのかな?と思っていましたが、今日、祖母の家で母が電話をしているときに、母の方をじーっと見た後、隣にいた私に向かってパクパクしてきました。そのあと、私の目をじーっと見つめ、キャン!キャン!と鳴きはじめました。
普段は目を合わそうとしても食べ物をもらうとき以外は絶対に目を合わそうとしないので、不思議に思ったし、電話をしている母ではなく私にパクパクしてきたのも奇妙に感じました。
なでると普通に戻りましたが、母の電話が終わったあとも私に向かってパクパクしていました。
今日は祖父母が泊りがけで親戚の家に行っているので、今夜は犬一匹留守番です。
夜、母と私で犬の様子を見に行ったときに上記のことが起こったのですが、まるで「帰っちゃだめ」と訴えられているように感じました。
明日の朝また様子を見に行きますが、なんか不安です。
調べてみると、カーミングシグナルでいやな気分を打ち消すときに口をパクパクすると書いてありましたが、もしそうだったら安心なのですが・・・。
これはカーミングシグナルと思っていいのでしょうか?
ちなみに、体調的には元気です。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
14,371
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alu********さん

2010/12/1305:24:44

お話になっている動作は、うちの場合ではカーミングシグナルとして見せるものです。

ただ、必ずしもそうでなく、何らかの体調不良により見せるような行動でもあるので、見極めることは必要になってきます。

カーミングシグナルを考える時、多くの人はストレスとそれを結びつけますし、その考え方は必ずしも間違っていないのですが、ストレスというとネガティブなイメージで物事を考えがちになるように思いますので、これの関しては適正に理解しておく必要は出てきます。

ストレスとは心の刺激を意味する言葉です。
一般に不快なことをストレスと呼ぶことが多いですが、怖いことや不安なことばかりではなく、嬉しい刺激もストレスなのです。
犬はストレスを感じると、さまざまな反応を見せます。

ストレスが許容量を超えてしまった時に犬が見せる反応は、4つに分けることが出来ます。
・攻撃(Fight)
・臆病(Frighten)
・かたまる(Freeze)
・おどける(Fooling around)

英語では4つとも“F”で始まる単語なので、「4つのF」と呼びます。


お話になっているカーミングシグナルは、相手や自分を落ち着かせるために見せることは多いです。
うちの犬の場合は、自分の中に葛藤がある時に見せやすいです。
これを行なうことによって、自分を落ち着かせているのです。

ただ、一般的に言われる事例が、そのカーミングシグナルに必ずしも当てはまるわけではない場合もあります。
実際にはそのシグナルを出した時の、その犬の置かれている状況や状態、立場などの全体を観察して判断することが大事なポイントとなります。


犬のボディランゲージといわれるカーミングシグナル、いわゆる「犬の言葉」は、大まかに2つのタイプに分けることが出来ます。
「遠ざけ効果シグナル」と「近づけ効果シグナル」です。

遠ざけ効果シグナルというのは、自分を大きく見せて印象付けるというようなものです。
私たちも知らず知らずのうちに、犬に遠ざけ効果シグナルを出しているようなことがあります。
呼び戻しで犬がこちらに来ることを躊躇している場合などは、おそらく人が遠ざけ効果シグナルを出しているのかもしれないということです。
ただし、このシグナルへ敏感さは犬によってまちまちです。

相手に友好態度を示したい時には、近づけ効果シグナルというこれに相当するシグナルを出します。
「なだめのシグナル」とも言われます。
犬は本来、争いを好まない動物ですので、こういったものを使って平和的解決を求めるのです。

人でたとえれば、道端で会ってニッコリ笑ったり、「まあ、○○さん!」と眉を上げるようなことであって、これは人間の出す「近づけ効果シグナル」のひとつです。

犬の「近づけ効果シグナル」は他にもあり、多くは状況によって微妙に使い方に違いがあります。


カーミングシグナルは奥の深いものであるので、犬が置かれている状況を広く捉えて考えていくことで、その気持ちをやわらげてあげることも可能になってくるでしょう。

質問した人からのコメント

2010/12/13 09:46:53

降参 いろいろ詳しくありがとうございます!
今朝見に行ってみたところ、元気そうやったので、多分自分を落ち着けるためのカーミングシグナルと思います。
犬にも様々な表現方法があるんですね。
これからも気をつけて見ていきたいと思います。
ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる