ここから本文です

これは単なる製本ミス? 伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』の文庫本をお...

gur********さん

2010/12/1800:28:20

これは単なる製本ミス?

伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』の文庫本をお持ちの方に質問します。

先日購入し、先ほど読み始めようとし たら本の上部が画像のようにガタガタになっていました。

文庫だし取り替える気はありませんが、今まで数百冊の文庫本を購入した中でここまでガタガタしてるものに出会ったことがないので、もしや装丁の一部?などと思ってしまいました。

やはり単なるカッターのかけ忘れでしょうか?

皆さんのお手元の本はどうなっていますか??

ゴールデンスランバー,伊坂幸太郎,新潮文庫,製本,文庫本,カッター,お手元

閲覧数:
2,794
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

scr********さん

2010/12/1802:06:31

それは、「天アンカット」
と呼ばれる昔ながらの製本方法です。

他の方も言われているとおり、
新潮文庫のほか岩波文庫などでも採用されています。

しおり紐(スピン)をつける都合上という理由もありますが、
それ以上に、天アンカットの
古風な味わいを好む愛書家が少なくないので、
その要望にこたえてこのようにしているのです。

決して作業をさぼっているわけではなく、
全ての面がツルツルのもの(三方化粧断ち)よりも
天アンカットのほうが実は手間もかかるし、
製本費用も高くつくのです。

どうぞこの美しい製本方法をお楽しみください。

質問した人からのコメント

2010/12/23 20:21:32

成功 みなさん、ご回答ありがとうございました!
本棚を確認したところ確かに新潮文庫はガタガタしてました。
今まで全く気がつかずに読んでいたってことですね(ーー;)
(『ゴールデンスランバー』は他に比べてガタガタ具合が激しい気がします。。)
ベストアンサーはより詳しい情報を教えてくださった方に(^^)

ひとつ知識が増えました!ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2010/12/1811:05:14

あ、そうなってる本結構ありますよ!
製本ミスじゃありません。なんか、そういう製本方法があるそうです。
私も最初はビックリしました。

aba********さん

2010/12/1801:38:43

新潮文庫は全てそうなっています。新潮文庫の場合、スピン(紐状のしおり)が糊付けされているため、上辺を切っていません。
その他、ゴミがこびりつきにくい、フランス装丁の雰囲気を出すなどの理由で、岩波文庫、角川文庫、ハヤカワ文庫、創元文庫などは上辺を切っていません。手持ちの本を確認してみてください。

sri********さん

編集あり2010/12/1801:30:00

みなさんおっしゃるように、新潮文庫なので、天(本の上部)がガタガタなのは普通です。

理由は、しおり紐(スピン)がついているため、です。
製本の段階でこの紐を入れるため、天を綺麗にカットしてしまうと、この紐も一緒にカットされてしまうため、カットせずに出荷している、というわけです。

見た目の綺麗さよりも、しおり紐にこだわったが故に、あのようになっているのです。
私個人としては、あの程度ガタガタしているくらい、全く気になりません。それより、しおり紐がある方が、断然嬉しいです。

sca********さん

2010/12/1801:10:58

新潮文庫は、そうなんですよね?
伊坂さんの別の新潮文庫も持っていますが、全てそうなっています。

きちんとそろえてほしいんですが、諦めています。

jas********さん

2010/12/1800:47:30

新潮文庫は全部そうなってませんでしたっけ?差はあるにせよ、新潮文庫だけは上部がそろってないはずです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる