障害者年金に所得制限が無いって本当ですか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212710692 の回答の欄にありました。

補足

その人は民間企業で働いていて、その給与にその年金分が使われていると理解していて もうもらえないものだと思い込んでいます。 障害者雇用のために障害者年金の資金が使われることってあるのでしょうか? 重ねて質問させていただきます。

年金11,309閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 10:31

その他の回答(3件)

0

障害年金に所得制限がないという回答は間違いでしょうね。 同じ障害基礎年金であっても、所得制限があるものとないものがあります。所得制限がある障害基礎年金は下記の場合です。 < 20歳前に傷病を負った人の障害基礎年金については、本人が保険料を納付していないことから、所得制限が設けられており、所得額が398万4干円(2人世帯)を超える場合には年金額の2分の1相当額に限り支給停止とし、500万1干円を超える場合には全額支給停止とする二段階制がとられています。> 上記の場合のみに所得制限が設けられています。 20歳前障害は障害基礎年金となりますから、障害厚生年金受給者であれば、所得制限はないということになります。 障害者雇用の枠での雇用者であることと、障害年金請求は関係ありません。障害年金を請求できる要件を満たしていれば、請求することができます。

0

障害者年金 → 障害年金 障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金があります。 どの年金を貰っているかを確認しましょう。 (1)障害基礎年金 これには2つのタイプがあります。 (1)20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型) (2)20歳以後の傷病による障害基礎年金(拠出型) (2)は所得による支給制限なし、(1)は所得による支給制限あり (1)の人は年金を貰う前に保険料を払っていないが、 (2)の人は被保険者として加入中の出来事なので、 その後の収入とは無関係に、もらう権利がある、というわけです。 (3)障害厚生年金 障害厚生年金には、所得制限は全くありません。 理由は、上記(2)と同じ。 所得制限のない理由は、障害者も能力に応じて社会参加しなければならず、 所得制限を設けると、社会参加の妨げになることがあるからです、 >>障害者雇用のために障害者年金の資金が使われることってあるのでしょうか? 「障害者年金の資金」は意味不明ですが・・・、 障害年金の原資は、国民年金加入者・厚生年金加入者の保険料 及び政府の支出するお金(老齢基礎年金の国庫負担)です。 障害者雇用の財源は、事業主の共同拠出による「障害者雇用納付金」 です、公的年金とは別の財源です。

1

知恵袋の回答が信じられないなら 自分でしらべたら良いかと思います。 私が制限ありませんと 回答したところで信じるのですか? 何人かが回答すれば信じるのですか 年金機構のホームページ見ましょう ちょと重いですが http://www.nenkin.go.jp/pamphlet/pdf/syogai_01.pdf いちおう20歳前の障害には制限あるようです

1人がナイス!しています