ここから本文です

輸入業者の場合、社内レートを仕入原価に反映させ期末の際に実際の支払ったレート...

nak********さん

2010/12/2321:20:15

輸入業者の場合、社内レートを仕入原価に反映させ期末の際に実際の支払ったレートとの為替差益として計上する事は可能でしょうか?

閲覧数:
1,555
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

go_********さん

2010/12/2323:01:07

可能です。

原則的には、取引の都度、その日のレートで計上するものですが、それは、期間損益計算を行う事業が多いからです。個別損益計算を行う場合には、ひとつの取引を売上仕入れともにひとつのレートに定めて計算をすることもよく行われています。
期末の時点で、手元にある現預金を期末のレートで換算すれば、期中取引の為替差損益も、期末の為替差損益に含まれ調整されるため、税務申告的には、なんら問題ありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sun********さん

2010/12/2322:18:23

為替差益は翌期での計上ですので。調整が翌年に反映されることになります。
したがって、調査の際指摘を受けると思います。
レートが予想できないようなケースだとしかたありませんが
当日のレートはあるわけですから、それに合わせるのが妥当だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる