ここから本文です

セスキ炭酸ソーダの掃除について教えて下さい。 最近、重曹とお酢で掃除するのが流...

mom********さん

2010/12/2322:15:29

セスキ炭酸ソーダの掃除について教えて下さい。 最近、重曹とお酢で掃除するのが流行っているのですが、セスキ炭酸ソーダーというのは どういう使い方で掃除をするのでしょうか?

重曹とは何がどう 違うのでしょうか?


最近、100円ショップなどでも見かけるのですが、使い方がよくわからず、買ったことがありません。

掃除で、使いやすければ、年末の掃除に使ってみようとも思っているのですが、掃除で活用されている方がいましたら 教えて下さい。

閲覧数:
9,995
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oka********さん

2010/12/2405:55:03

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸塩(炭酸ソーダ)を1対1で加工してあるもので、重曹よりアルカリ度が高く、キメが細かくて水に溶け易くなっています。 アルカリ洗濯用として「アルカリウォッシュ」という名前で売ってもいますが中身はセスキ炭酸ソーダで同じものです。

洗濯や掃除に使います。 重曹と炭酸塩を1対1で混ぜて使っても同じ効果が得られます。


<洗濯に>

粉石けんや合成の洗濯洗剤に比べて汚れ落ちは悪いですが、軽い汚れなら、前の晩から洗濯機(縦型なら)の水50Lに対して大匙1~2杯溶かした中に洗濯物を付け置きしておき、翌朝5~10分「洗濯」で回して濯ぎは1~2回で済みます。
我が家で使う時は重曹大匙1と炭酸塩大さじ1を洗濯機の水に溶かして使っています。 濯ぎは3回ほどして、最後の溜め濯ぎの時にクエン酸を小さじ1~2杯入れて残ったアルカリを中和していますが、多少乾いた時に柔らかくなります。

また、血液汚れに強いので、セスキ炭酸ソーダを溶かした液に血液汚れの付いた服などを浸け置きしてから洗濯すると良いです。


<掃除に>

重曹よりもアルカリ度が高いため、水に溶かして使うと重曹より油汚れや湯垢、手あかなどの酸性の汚れを中和して落としてくれます。
500ccの水に大匙1杯程溶かしてスプレーボトルにいれておくと便利です。

粉が細かいので重曹のようにクレンザーの代わりに使うのは不向きです。

なお、もっとアルカリ度の高い炭酸塩をお湯に溶かして使うとガスコンロの五徳や受け皿、換気扇などの酷い油汚れが簡単にきれいになります。 お湯の温度は高い程効果があります。 熱湯1リットルに小さじ1~2杯の炭酸塩を溶かした中に五徳や受け皿、換気扇の部品などを付け置きしておくとあまり擦らずにきれいになります。 熱に強い物なら、そのままステンレスの洗い桶や大鍋に入れて沸騰させると簡単にしつこい油汚れがおちます。
重曹やセスキでも、同じく沸騰させることでアルカリ度が上がるので油汚れには有効です。

炭酸塩はアルカリが強いので手袋をして使った方が良いです。 手に入るなら炭酸塩の方がかなり強力なのでお勧めですよ。


では、大掃除、頑張ってください。

質問した人からのコメント

2010/12/30 22:23:25

抱きしめる 換気扇の掃除など用に 買ってみたいと思います。 有難うございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる