ここから本文です

変形性股関節症について

rep********さん

2010/12/2404:26:48

変形性股関節症について

自分は変形性股関節症患者です。
この疾患に関する知識はネットで色々集めたり先生に聞いたりで何も分からないわけではありません。

現在の状況的に手術は出来ないからとりあえず現状維持で病院にも最近は行ってません。
半年前の診断では、レントゲンの股関節の軟骨は磨り減ってきて骨が若干白く写ってる=進行してるといわれました。痩せ型ではなくぽっちゃり体系なので痩せてる人よりは進行が早いのかな?と感じてます。主婦なので重労働はありませんし外出もほとんどしません。子育て中です。歩き方も普通ですが、人からは分からないけど引きずる感じもします。痛い時は誰が見ても明らかにひきずってます。痛みに波があり、毎日痛いワケではなく、3日間なんとなく痛いと思えば4日目からは痛くなくなり、痛くない期間が数週間あって~の繰り返しです。


そこでふと思ったのですが、この疾患の行く末は手術しかないのでしょうか?病院では手術をしないとこの疾患は治らない。手術してもまた痛くなったら今度は人工関節といわれました。整形外科ではなく、整体の先生は、矯正すれば治る!と言います。

もしこのまま手術もせず、整体にも真面目に通わずなんとなく日々過ごし10年経ったとして(現在20代前半)どうなると予想できますでしょうか?

また、どうする事がこの疾患は一番望ましいのでしょうか?様々な視点からの回答お待ちしてます。宜しくお願いします!

閲覧数:
760
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uen********さん

2010/12/2711:03:16

整体師です。

変形性股関節症は私も見たことありますが、整体では補助的な事しか出来ません。
推奨する事は、ストレッチ位です。股関節周りの筋肉を柔軟に保っておけば進行速度も落とせると思っています。
現実に知り合いはこの方法で、良い方向に進んでいます。(医師からも驚かれています)
毎日の努力で変わりますよ。

後は、お子様の状態によりますが、あまり重量物を抱える事は避けたほうが良いかと思います。
ようは抱っこを出来るだけ減らせる方向へ誘導したほうが良いかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2010/12/2519:15:18

進行しているようでしたら放置すると痛みのため歩けなくなり、使わない為筋肉が萎縮してしまいます。こうなると手術しても足の筋力は変わりませんのでもう一度歩けるかどうか…という感じです。
整体に関しては、削れたり変形した骨を元に戻すような力はありませんし、酷い場合は悪化もありえます。整体受けられるにしても定期的な病院での検査は必要かと思います。
とにかく進行の度合いとも関係しますので、定期的に検査してもらってその都度相談しながら…というのが宜しいかと。

下の方はいわゆる「信者」さんです。関わらない事推奨です。

zwa********さん

2010/12/2419:03:19

手術はまったく必要はありません。手術しても完治はありえませんので無駄です。根治療法をやるべきです。甲田光雄先生(医学博士)はあなたのような患者を手術なしで、何百人も完治させてきました。20代ならまだ十分完治する可能性はあります。西式甲田療法であれば確実になおります。甲田先生は2008年にご逝去されていますが、甲田医院は開業していますし、ご著書も数百冊残っていますので治療法を検証することは可能です。西式甲田療法のスーパー治癒力に比べればあなたの信じている現代医学など、『ひよっこのおあそび』です。

●『奇跡が起こる半日断食-朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、
リウマチがぞくぞく治っている! 』甲田 光雄 【著】-ビタミン文庫
●推薦文から
私は、ゆほびかという雑誌で甲田先生の断食を知り、本断食をしたところ、リウマチのような関節の痛みで殆ど寝たきりだったのが、起き上がれるようになったのです!その後、甲田先生の著書を読みあさり、半日断食やすまし汁断食をしていたところ、完全に起きて動けるようになり、しかも、当時手術しかないと言われていた顎関節症まで完治してしまいました!!マウスピースや、筋肉を緩める薬、色々試したものの、症状は悪くなり、胃が荒れて吐き気が治まらず、悪くなる一方で口もほとんど開かず、話しもできず、玄米が噛めなくなったために無理矢理潰したパンを水で流し込むような状態で、とても辛い日々だったのが 嘘のようです。本断食をした時から、以後は全く医者に通っておりません。顎関節症を診てもらった病院は有名な病院でした。そして、当時は玄米菜食でしたが、玄米ならいいだろうと、食べまくっていました。今思うと、消化の悪い玄米を、お腹いっぱい よく噛まずに食べていたのが良くなかったのでしょうが、当時は体重38kg、極端な冷え症で、周囲や医者にも食べろ食べろといつも言われている状態でしたので、食べ過ぎが原因などと思わなかったのです。併せて、長い間ずっと続いていた鬱病や不眠症も良くなりました。不眠症もひどくて、どれだけ疲れても眠れず、金縛りのような状態になって、少しも休んだ気にならないような睡眠で、ふらふらで気力もなく、、、仕事も退社するしかありませんでした。そのストレスで顎関節症になり、起き上がれなくなり、、、という、打つ手がなく悪化した中での本断食は、本当に最後の、やけになった手段でした。起き上がれないので実行はとても楽でしたが、いきなり本断食はやはり 身体にとって最善ではないと思います。ぜひこの本を読んで無理のない半日断食をして、不調を改善される事をお勧めします!日々の生活こそ大事です!
●参考サイト
http://aozoraichiban.blog59.fc2.com/blog-category-4.html
http://www.pot.co.jp/danjikinikki/1606.html
http://fasting.lolita.la/abo.html

f_v********さん

2010/12/2405:36:05

最終的には手術になると思います。整体では骨の擦り減りまでは良くならないので。今子育て中なのであれば一段落して、受診をした方がいいと思います。まだ若いので、人工骨頭置換術ではなく、寛きゅう骨骨切り術といって自分の足の骨盤側の骨をあなたの変形した骨に合わせて形を整える手術があります。痛みは術後ありますが、若い方であれば手術の第一選択肢となります。まだまだ人生長いので早めに痛みとは離れたいと思います。力になれば幸いです。筋力については痛みがあってなかなか筋力運動できず筋力が落ちているとおもいます。仰向けになり、膝の後ろにバスタオルを丸くした物を置き、そのタオルを膝で押さえるように10秒間やるといいですよ。ふとももの筋肉が硬くなるのを意識しながら暇がある時にやって見てください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる