ここから本文です

エジプトの歴史について

her********さん

2010/12/2718:00:55

エジプトの歴史について

昔から興味があり、新しい年に向けて読んでみようと思ったのですが、エジプトの歴史に関しての本は多数あり、どれが良いのか分かりません。


エジプトの歴史について載っている本でお勧めはないでしょうか?


エジプトの歴史について学べるものでしたら、本の値段、サイズなどは問いません。

補足抜かりましたが、私が知りたいエジプトの歴史は「古代エジプト」についてです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
318
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ma3********さん

2010/12/2811:25:50

吉村作治「古代エジプト講義録(上下巻)」

ラムセス2世が主人公の小説です。長いけど、読みやすいと思います。
クリスチャン・ジャック「太陽の王ラムセス(1~5)」

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ram********さん

2010/12/2819:29:21

・入門書としては、「古代エジプト入門」内田杉彦著(岩波ジュニア文庫)がお勧めです。農耕・牧畜の開始からプトレマイオス朝支配までの5500年間をコンパクトに解説しています。

・古代エジプトの歴史については、「ファラオのエジプト」吉成薫著(廣済堂出版)、「エジプト王国三千年」吉成薫著(講談社)、「古代エジプト ファラオ歴代誌」などがよいです。
・古代エジプト人の生活や社会を扱った概説書としては、「ナイルに生きる人びと」片岸直美ほか著(山川出版社)、「図説 古代エジプト生活誌」エヴジェン・ストロウエル著(原書房)があります。
・エジプトの考古学について学ぶには、「エジプトの考古学」近藤二郎著(同成社)がよいです。
・古代エジプト文明の成立や発展について論じた書物としては、やや専門的になりますが、「エジプト文明の誕生」高宮いづみ著(同成社)、「古代エジプト文明社会の形成」高宮いづみ著(京都大学学術出版会)があげられます。
・エジプトの宗教についての概説的な書物としては、特に神々を扱った「古代エジプト神々大百科」リチャード・ウィルキンソン著(東洋書林)、「図説 エジプト神々事典」ステファヌ・ロッシーニ、リュト・シュマン=アンテルム著(河出書房)などがあります。

専門的なものは論文や外国のものが多いので、まずはこのあたりから入っていくのがよいと思います。

net********さん

2010/12/2718:46:47

コンパクトにまとまった新書では
内田杉彦「古代エジプト入門」 (岩波ジュニア新書)
ジャン・ヴェルクテール「古代エジプト」 (文庫クセジュ)

カラー図版が多いものとして、
吉村作治「ビジュアル版 吉村作治の古代エジプト文明」全3巻(汐文社)
山花京子「古代エジプトの歴史-新王国時代からプトレマイオス朝時代まで」
(慶應義塾大学出版会)

笈川博一 「古代エジプト 失われた世界の解読」 (中公新書)は
歴史を追うだけでなく、言語や文学にも踏み込んだ内容で興味深く読めました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる