ここから本文です

弓道・会について質問です。稽古をはじめてから2年たちますがもたれに悩まされてい...

kyudo2jikisinさん

2010/12/2722:24:18

弓道・会について質問です。稽古をはじめてから2年たちますがもたれに悩まされています、そのうえに屈む胴がひどく「離れ→前に倒れる」という状態です。このことに関してアドバイスをいただければうれしいです。

屈む胴は打ち起してからではなく会に入ってからです。弓力は17.5㎏です。よろしくおねがいします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
411
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t_nobu_0710さん

2010/12/2918:14:01

質問文を読む限りでは、
引き分け~会のところで徐々に上体が前のめりになる感じと受けました。

感触としては、足踏みや胴づくりに、甘いところがあるかもしれません。
まずは一連の動作の中で、以下のポイントを意識してみてください。
1)ケツの穴を締めること。
2)丹田に力を入れる。
3)頭のてっぺんの髪の毛が真上に引っ張られているイメージ。
4)両足の親指と人差し指の間に力を入れる。

自分自身の前後・左右の縦線が曲がっていないか、素引きなどで確認してみてください。
ちなみに軽い弓に変えたほうが修正しやすいかもしれません。

射法八節は一連の動作です。
しかし、その一つ一つは決して"流して"行うものではありません。
それぞれに意味があり、堅実に行っていく動作です。

横の伸びを意識過ぎて、縦の伸びが忘れがちになることはよくあります。
この両方が出来てくれば、おのずと的中率もあがります。

また、射形を修正する場合、決して焦ってはいけません。
気持ちを腹の下のほうに据えて、絶対に良い射形になる!と決めて、ゆっくり着実にがんばってください^^

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lifeisloopさん

2011/1/220:24:52

胴造りに関しては教本に載っているような
腰の中心に重心を置き、足裏底、腰、肩が上から見たとき一直線になるように意識します。

もたれに関しては学生なら時間がないので気合です。
恐怖心をなくし、自信を持ってやれば離せるようになります。

実は自分ももたれやってた時期がありまして、結局は気合とか根気とかそういった物が大切だと感じました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。