ここから本文です

alternatives --config mta コマンドについて教えてください。

hia********さん

2010/12/2819:21:28

alternatives --config mta コマンドについて教えてください。

sendmailからpostfixに切り替えられると思うのですが、具体的に何をしてくれているのでしょうか?シンボリック関係とはおもいますが。
またmta以外にもこれを使うことはあるでしょうか?

manはみましたがいまいちよく分かりません。

--config name
Present the user with a configuration menu for choosing the master link and slaves for link group name. Once chosen,
the link group is set to manual mode.

補足ありがとうございます。manは軽くしかみてませんでした。すいません。ありがとうございました

閲覧数:
1,052
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2010/12/2901:35:04

>具体的に何をしてくれているのでしょうか?

maintain symbolic links determining default commands
ディフォルトで用意されているコマンドを考慮し、リンクを管理します。

どのような変更が行われるかは、--verboseを追加してみるか、
/var/lib/alternatives/配下のファイルをcatしてみてください。

例:
# alternatives --config mta --verbose
reading /var/lib/alternatives/mta

There are 2 programs which provide 'mta'.

Selection Command
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/sbin/sendmail.sendmail
2 /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 2
running /sbin/chkconfig --add postfix
running /sbin/chkconfig --del sendmail
#

---> どうやらchkconfigコマンドでサーバ起動と同時に
起動するか変更しているようだ。

それ以外の変更はないかな・・・

# alternatives --display mta
mta - status is manual.
link currently points to /usr/sbin/sendmail.postfix
/usr/sbin/sendmail.sendmail - priority 90
slave mta-pam: /etc/pam.d/smtp.sendmail
slave mta-mailq: /usr/bin/mailq.sendmail
slave mta-newaliases: /usr/bin/newaliases.sendmail
slave mta-rmail: /usr/bin/rmail.sendmail
slave mta-sendmail: /usr/lib/sendmail.sendmail
slave mta-mailqman: /usr/share/man/man1/mailq.sendmail.1.gz
slave mta-newaliasesman: /usr/share/man/man1/newaliases.sendmail.1.gz
slave mta-aliasesman: /usr/share/man/man5/aliases.sendmail.5.gz
slave mta-sendmailman: /usr/share/man/man8/sendmail.sendmail.8.gz
/usr/sbin/sendmail.postfix - priority 30
slave mta-pam: /etc/pam.d/smtp.postfix
slave mta-mailq: /usr/bin/mailq.postfix
slave mta-newaliases: /usr/bin/newaliases.postfix
slave mta-rmail: /usr/bin/rmail.postfix
slave mta-sendmail: /usr/lib/sendmail.postfix
slave mta-mailqman: /usr/share/man/man1/mailq.postfix.1.gz
slave mta-newaliasesman: /usr/share/man/man1/newaliases.postfix.1.gz
slave mta-aliasesman: /usr/share/man/man5/aliases.postfix.5.gz
slave mta-sendmailman: /usr/share/man/man1/sendmail.postfix.1.gz
Current `best' version is /usr/sbin/sendmail.sendmail.
#

--->ふむふむ、そうか、これがリンクか。
じゃぁ今度はsendmailを利用するようにして、同じく「--display」してみよ

>またmta以外にもこれを使うことはあるでしょうか?

あります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pin********さん

編集あり2010/12/2910:43:19

manの前半に、多くのシステムにはどんな問題があってalternativeシステムがそれにたいしてどういった解を与えるか、具体的には何が行われるかが書いてありますよね? FHSを読む必要があることも書いてありますよね? 処理の詳細については --verbose が役に立ちそうなこともmanを読めばわかりますよね。

ということでmanを読んだ状態でさらに具体的に何をしてくれているかを聞かれても回答は難しいと思うの。

> またmta以外にもこれを使うことはあるでしょうか?
manに書いてある例はviですね。コマンドのhelpに現れる例は pagerですね。つまりviとpagerに使うのは明らかですよね。リンクが/etc/alternatives/に格納されることもmanに書いてありますから、みてみるといいです。そこにある大量のものが管理対象になっています。

> manはみましたがいまいちよく分かりません。
質問の内容からみるとちっとも読めていない気もしますが、それでも読んでわからないところをピンポイントで質問するといいと思いますよ。わからなかったらその過程を捨てて全部聞くのはいかがなものか。

追記:
/etc以下にリンク場所があることについてFHSに説明があるように読めたきがするんだけど、読んでも「/etc以下は管理者が設定する」ぐらいの情報しか関係ないっぽい。ということで、FHSを読む必要はなさそう。おわびして訂正。

cyn********さん

2010/12/2820:09:57

man を 見ろとの 指摘での事だと思いますが
鵜呑み過ぎませんか
検索で、最初は解かり易い所もあります。
最後の、細かい所は、man だと思いますが

例えば
http://www.usupi.org/sysad/150.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる