ここから本文です

人工雪のうちは滑らないという人がいますが、人工と自然雪ってわかるもんですか?

slow_skierさん

2011/1/309:33:02

人工雪のうちは滑らないという人がいますが、人工と自然雪ってわかるもんですか?

天然雪の降った後のパフパフやアイスクラッシャーを撒いてボサボサ状態なら判断できますが、あまり雪の降らない地域では天然雪が降っても人工降雪機で更に撒き散らしている状態かと思います。
そんな所だと、どっちかどっちなのか自分では全然わかりません。
別に滑れればいいと思っているので今まで気にしていませんでしたが、こだわる人はその辺りもこだわっているのでしょうか?

閲覧数:
1,677
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/1/310:42:03

雪に合わせて滑れば良いだけです。

滑らないのでは無くて、滑れないって理解されるのが良いかと思います。

人工雪に合わせる技術が欠けてるのですね。

質問した人からのコメント

2011/1/10 15:40:16

驚く わかり易いご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poponnopon06さん

2011/1/321:53:03

>人工雪のうちは滑らないという人がいますが
滑れないから滑らないというのではなく、
人工雪だけのスキー場は周りの景色が茶色で
滑る雰囲気には程遠いので気分が乗らないということではないかと思います。
スキーは周りの景色が真っ白なときのスポーツであると拘る人の考えだと思います。

>人工と自然雪ってわかるもんですか?
雪が削り取られ補修のために集中的に人工雪を降らせた所は
天然雪に比べ滑りが悪いのですぐわかります。
天然雪が湿っぽく滑りにくい雪なら違いは感じないかもしれませんが。

e0fde0fdさん

2011/1/315:37:18

人工雪の時期はコース幅が限られ狭いので、とても滑りにくいです。人工雪だからではなく人工雪の時期だから滑りにくいのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jijiski63さん

2011/1/310:12:33

人工雪にも2種類あります。機械で別ければ「人工降雪機」と「人工造雪機」です。前者は水を圧縮空気で霧状にして空中に撒布して雪にするもので概ね気温-3℃以下で作ります。後者は水を一端氷にして砕いて撒く仕組みです。前者で作られた雪は天然雪に近いですから判らないこともありますが、後者は明確に違います。圧雪されていなところに入ると10cmくらいでもスキーを取られるし、気温が高いと泥濘状態になるし、それが気温が下がるとカチカチになるし、更に気温が下がるとグラニュー糖のようになります。天然雪だけで滑っている人は「なんだこりゃ!!」と感じるはずです。当地は基本的には気温の高い地方なので人工造雪のスキー場が多いです。その代わり11月から滑れます。また、降雪機の方は天然雪が降ってもその上から撒きますが、造雪機の方は上から撒くことはしません。50~60cmの厚さでゲレンデに敷き詰めるので天然雪が降って融けても下地の人工雪が出るだけです。薄くなれば補いはします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。