ここから本文です

日本サッカーの若年層の育成について質問です。 現在行われている高校選手権に出...

sac********さん

2011/1/316:11:05

日本サッカーの若年層の育成について質問です。
現在行われている高校選手権に出場している選手の多くはJのジュニアやジュニアユースからあぶれてしまい、 高校のサッカー部でプレーしている者が多いと思われますが、Jのユースからトップチームに昇格してプレーしている選手と比べると反骨精神のような物があるのでしょうか?
再びJクラブに買い戻されるケースが多いように思います。
何故Jクラブのコーチ達は彼等の才能を見いだせないのでしょうか?
彼等のお眼鏡からこぼれた選手達の中でも優秀な選手はいたのではないのでしょうか?

閲覧数:
490
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qys********さん

2011/1/318:53:56

一つ一つお答えしましょう。

> Jのジュニアやジュニアユースからあぶれてしまい、
> 高校のサッカー部でプレーしている者が多いと思われます

→あぶれた若者は確かにいますが、多くはありません。
そもそもユースサッカー選手権より「冬の国立」を目指す
高校生の方が圧倒的に多いのが現実です。

> 反骨精神のような物があるのでしょうか?

→おそらくないでしょう。
「冬の国立」を目指す方が、高校生、
特に地方の高校生にとってはメジャーですから。
善し悪しは別として。

> 再びJクラブに買い戻されるケースが多いように思います。
> 何故Jクラブのコーチ達は彼等の才能を見いだせないのでしょうか?

→確かに、本田選手がジュニアユースで評価されなかった等の話はありますが、
状況認識に誤解があるようです。

サッカーのユースチームが全国の市区町村に必ずあって
サッカーを志す日本の十代の若者すべてが、学校のサッカー部とユースチームの
どちらの門も叩ける環境ならば、あなたが指摘するような問題が
「Jクラブのコーチ達」にあるでしょう。
しかし現実は、日本では十代の若者がサッカーを行う場はまだ学校がメインです。
ユースチームがあるのは都市部とその郊外に限られています。
ユースチームが日本の若い才能を見出し育成する役割を100%担うのは
現状では無理があります。
そもそも、ユースチームの門を叩いた事すらない若者がまだまだ大半ですから、
「買い戻されるケース」は多いとは言えません。

> 彼等のお眼鏡からこぼれた選手達の中でも
> 優秀な選手はいたのではないのでしょうか?

→おっしゃりたい事は分かります。
ここまでに述べさせて頂いた事が答えですが、
「優秀なサッカー選手」について一言。

陸上競技や水泳、ネットを挟んだ競技のテニスやバレーボールなどと
フットボール系競技が大きく違うのはボディコンタクトがある点です、よね?

その一方、十代の若者は年々体が大きくなり、
ボールを扱う足も長くなる時期にあります。
大きくなった、長くなった体をコントロールするのは
以前とは違う能力が必要になるので、
十代では誰でもスランプはあるものです。
まして、手ではなく足でボールを扱い、
しかもボディコンタクトの中でプレーするとなると
成長期にある若者に上手くない時期がある方が自然です。

ジュニアユース時代の本田選手を評価しなかったコーチを
私は弁護する気はありませんが、
本田選手にもそういう時期があった事は想像に難くありません。
サッカー選手の十代は、体を作りながら、ボディコンタクトの中で
ボールを扱う技術を磨くという難しい時期ですからね。

私見ですが、評価されなかった本田選手を
別のユースチームが評価して「移籍」を誘われる、なんて事になるくらい
ユースチームが増えて、スカウト網が発達してくれれば、
日本のサッカー育成システムは大きく変わるのにな、と思っております。

質問した人からのコメント

2011/1/4 17:32:31

降参 僕もユース間の移籍なんて事が頻繁になるような事を望みます。
そしてより多くの選手にプレーする機会があるようになって欲しいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる