ここから本文です

連立方程式は加減法と代入法のどちらでやったほうが、はやく解けますか? ...

jal********さん

2011/1/614:50:06

連立方程式は加減法と代入法のどちらでやったほうが、はやく解けますか?


また
計算ミスしにくいのはどちらですか?

閲覧数:
654
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2011/1/614:52:02

計算ミスをしにくいのは、加減法だと思いますが
はやくとけるのは、、、
その問題にもよります。。
例えば、
x+y=9とかが入っていたら
代入法の方が解きやすいと思いますw

質問した人からのコメント

2011/1/12 21:10:33

降参
皆さんありがとうございましたm(._.)m

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wat********さん

2011/1/622:20:29

代入法だと途中で分数係数になることがあって暗算でやりにくいので,私は加減法をよく使います。
ということで前の方の回答と合わせると「人それぞれ」ということになります。

まあ実際には係数によってどっちが速いかをイメージするわけですが。

tio********さん

2011/1/614:53:29

究極の質問ですね。
あらゆる連立方程式を、決まった方法で確実に解けるのは代入法だと思います。
単純に、かけ算や割り算をする回数が少なくなるのも代入法だと思います。
一般論だとどう考えても代入法有利です。

加減法は、ある意味たまたまうまくいくときに使うテクニックのようなものではないでしょうか?
うまくいくときは遙かに簡単に解けます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる