ここから本文です

家庭教師の報酬の決算整理に関連する源泉徴収税の扱い

iih********さん

2011/1/711:08:36

家庭教師の報酬の決算整理に関連する源泉徴収税の扱い

今年から個人事業者になったものです。
毎月16日から翌月15日までの報酬を、翌月16日に請求書を発行して翌月末払いで受け取っています。
請求金額=指導単価×コマ数-源泉徴収税です。
そこで質問です。
(1) 22年12月16日から31日分の仕事については22年分の収入なのか、23年分なのか。
(2) (1)が22年分に入るの場合、収入=指導単価×コマ数となり、
請求書作成後に確定する源泉徴収税は翌年に入れればいいのか。

閲覧数:
380
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2011/1/713:38:31

(1)その通りです。
未請求であっても、22年度の報酬(売上)は収入として計上してください。
(2) これも、その通りです。
確定申告の際に源泉徴収票を添付しますので、22年度中に源泉徴収された税額が調整されます。
従って、翌年度に徴収される所得税は、今事業年度では関係ありません。

ご存知だとは思いますが、源泉徴収前の報酬が収入(売上)となり、源泉税額は事業所得とは関係ありませんので、事業主勘定などで処理してください。

質問した人からのコメント

2011/1/7 13:54:16

降参 ありがとうございます。自信が持てなかったもので。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる