ここから本文です

罪と罰の違いについて

ヤサグレるさん

2011/1/922:24:15

罪と罰の違いについて

僕は罪と罰の違いがぱっとわからないのですが・・・
ぼんやりとは分かるんです。
が、言葉に表せといわれると表せません。

○質問
・「罪」の意味と
・「罰」の意味と
・「罪」と「罰」の違い
この3つを教えて下さい

閲覧数:
11,678
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/1/923:24:40

先ず、
"罪"とは、人として正しくないことを行う行為と言えます。人倫にもとることを指します。盗みから殺人までレベルは広い。

"罰"とは、罪を犯した物に対して与えられるもので、身体的苦痛、精神的苦痛を与えるものです。昔は、為政者がかなり恣意的に罪を"与えていましたが(時代劇で出てくる"○○は不届き至極につき、むち打ち○回に処す"のようなものから始まり、現代の法治国家では、法に基づいて"罪"を定義し、対法する"罰"も予め決めておくことになった。罰も"刑"の形で、身体的刑罰と財産的刑罰が定義されている。

広辞苑から引いておくと。
*************************
つみ【罪】
(1)悪・穢(けがれ)・禍(わざわい)など、神の禁忌をおかし、その報いを受けるべき凶事。古事記(中)「生剥(いきはぎ)、逆剥(さかはぎ)…の―の類(たぐい)を種々(くさぐさ)求(ま)ぎて、国の大祓(おおはらえ)をして」
(2)社会の規範・風俗・道徳などに反した、悪行・過失・災禍など。また、その行いによって受ける罰。竹取物語「かぐや姫は―を作り給へりければ、…―の限り果てぬれば」。「―をつぐなう」「―に服する」
(3)刑罰を科せられる不法行為。法律上の犯罪。「―を犯す」
(4)仏教で、その教法を破る行為。あるいは、その人の背負っている罪業。紫式部日記「―深き人は、またかならずしもかなひ侍らじ、前の世知らるることのみ多う侍れば」
(5)キリスト教で、神の言葉にそむくこと。「―を告白する」
(6)悪いことや行いに対する自覚、もしくは責任。蜻蛉日記(中)「―もなく、さりげもなくいふ」。「子どもに―はない」
(7)無慈悲なこと。思いやりのないこと。「―な事をする」

ばつ【罰】
(慣用音)罪またはあやまちのある者に科する懲らしめ。しおき。今昔物語集(1)「必ず―を蒙らむ」。「―として掃除をさせる」→ばち(罰)
*********************************

罰は意外に簡単な記述で、改めて驚きましたね。

ついでに刑は、次のようです。

けい【刑】
(1)法律。おきて。
(2)犯罪者に科する罰。しおき。

以上で、3番目の回答も含まれれうと思います。

因みに、ドストエフスキーの有名な小説に"罪と罰"というのがある。研究課題として一読するにはいいと思います。かなりの長編ですが・・・・・。

******************************
つみとばつ【罪と罰】
(Prestuplenie i nakazanie(ロシア))ドストエフスキーの長編小説。1866年刊。貧乏学生ラスコーリニコフは、非凡人にはすべてが許されるという空想に捉えられて金貸しの老婆を殺す。しかし娼婦ソーニャに支えられ、流刑地で再生への道を歩み始める。
******************************
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

質問した人からのコメント

2011/1/16 12:43:20

参考になりました
ありがとうございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる